なぜ薬剤師になるのに薬学部で6年も学ばねばならないのか?

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_m

「薬剤師になるための薬学部はなぜ6年制なの??」

薬剤師になるためには、大学薬学部へ進まなければなりませんが、
かつて薬学部は4年制でした。

しかし、平成18年度の学校教育法改正によりそれまでの4年制から6年制になりました。
ここでは、なぜ薬学部が4年制から6年制になったのか?について考察していきたいと思います。

(1) 薬学の進歩に伴った改定

薬学部が旧来の他の一般学部のような4年制から、
医学部、歯学部のような6年制に改定された理由はなぜでしょうか?

簡単に言えば、薬学を中心とした薬事医療に関する学問の進歩が目覚ましく、
4年制では修得不可能なレベルまで上がってきたから、ということが言えます。

具体的に言えば、

  • 4年制のままでは、病院薬局実習カリキュラム
    ぎゅうぎゅう詰めになり消化しきれない。
  • 分子生物学などの生命工学や医療薬学の著しい発達によって
    習得必要な科目がどんどん増大してきて
    4年制ではとても修得しきれなくなった
  • 高い医療倫理と、医療人としてふさわしい教養および豊かな人間性が
    今まで以上に必要とされる時代になっているのに、
    4年制ではそれを身に着ける時間的な余裕がない

など、いくつか切迫した理由もあります。

特に大きいものは、6年制になったことで、
病院や薬局の現場で学ぶ実習時間のカリキュラムが大きく増えたことです。
旧来の4年制ではわずか2~4週間程度しかなかった実習期間が、6年制に移行したことで24週間程度も実習カリキュラムに充てることができるようになりました。

これにより、より実践的な知識や対応力を身につけることができるようになり、薬剤師としての総合力の底上げを実現しています。

(2) 社会における薬剤師の必要性の増大

というわけで、結局、薬学部がなぜ4年制から6年制になったのか?
という理由の最大のものは、
「薬剤師が社会に求められるニーズが上がっているから」
ということになるでしょう。

それほど、必要とされる場が増え、需要が多くなるからこそ、旧来よりも多くのものを学ばねばならないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ