薬剤師のアルバイトのかけもちについて

PC
『薬剤師のアルバイトってかけもちができるの??』

(1)一般的に許されている薬剤師の「ダブルワーク」

昨今「ダブルワーク」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?

業種を問わず、ある仕事に従事している正社員やアルバイトが、他にも仕事やバイトを持つ、
つまり2つ以上の仕事をかけもちで働くことをダブルワークと呼びます。

そして、現代のトレンドとしてダブルワークはどんどん増えている状況で、
中には職場が率先してダブルワークを社員に奨励している企業まで出てきています。

このような現在の世相の中、薬剤師の業界も例外ではなく、
ダブルワークを積極的にこなしていく薬剤師の方々も増えている最中です。

(2)ダブルワークを禁じられてる薬剤師と自由にできる薬剤師

薬剤師という職業は、国家試験で免許を得てはじめて就ける資格職ですし、
患者さん一人一人のプライバシーに関することも分かってしまうため、
なんとなくかけもちで働くことは厳禁のイメージがありますよね?

しかし、実際にはダブルワークで働いても問題ない薬剤師と、
ダブルワーク(かけもち)を禁じられている薬剤師に分かれます。

ダブルワークのできない薬剤師は以下の人たちです。

a)管理薬剤師

管理薬剤師とは、医薬品の管理責任者であったり、一般の薬剤師の監督を行ったりする薬剤師のことです。
薬事法により、薬局やドラッグストアなどの店舗には必ず1名の管理薬剤師を置くことが義務付けられています。
いわばその調剤薬局やドラッグストアの「店舗の顔」的存在が管理薬剤師であり、薬剤師の監督責任の他、お客様に対する対応の最終責任、薬剤の管理責任など、その店舗の最終責任を全て負っています。

このような責任の大きな仕事である管理薬剤師のダブルワーク(副業)は、薬事法によって禁止されてます。

b)公務員身分の薬剤師

都道府県立や市町村立といった公立の病院職員の薬剤師や、保健所の職員の薬剤師、
公立の衛生研究所の職員である薬剤師などの、「公務員薬剤師」は全員、「副業(ダブルワーク)は厳禁」です。
これは、国家公務員法および地方公務員法といった法律によって、すべての公務員は原則として副業は禁止されているからです。

(3)効率の良い賢いダブルワーク(アルバイトのかけもち)のやり方

上記した副業の許されない身分の薬剤師を除けば、一般の薬剤師の場合には、基本的にダブルワークが可能です。

うまいことかけもちをこなしてるバイトの薬剤師の中には、ガッツリ働いている正社員の薬剤師よりも収入は多い人も多数いるという話はよく聞きますよね。

以下に、効率よく薬剤師のアルバイトのかけもち(ダブルワーク)をこなしていく上での注意点を列挙していきます。

・勤務先の許可を得る

これは意外に大事なポイントのようです。
あらかじめ、勤務先にダブルワークをすることを了解してもらっていると、心理的にも楽ですし、何か問題が生じた場合に許可を取っていない場合には、解雇されるリスクも高く得策とはいえません。

ただし、薬局(ドラッグストア)によっては、ダブルワークそのものは認めてくれても、同じ薬剤師として他店舗で働くことには難色を示すところも多いので、その場合には、薬剤師以外のダブルワークにした方が良いかもしれません。

しかし、中には「ダブルワークも可」とか「ダブルワーク歓迎」といった柔軟な姿勢を積極的に打ち出しているドラッグストアなどもありますので、そのあたりはよく下調べしてアルバイトに応募したいものです。

・かぶらない休日などを選ぶ

もう一点、大事なことは、ダブルワークをあまりタイトなスケジュールでこなそうと思わないことです。
よく、日中ひとつ目の店舗でバイトして、夜から別の店舗で副業としてバイトする、
などという、タイトでぎちぎちのタイムスケジュールを組む人がいますが、
このような働き方は危険です。

想定外の事態やイレギュラーな事が起こった場合に、どちらの職場に対しても迷惑をかけるからです。

なので、本来なら休日である日にかけもちのバイトを入れるとかの工夫が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ