薬剤師のアルバイトの仕事内容と給与について

eda44c5b1a5ea851cb62bfb453d1630f_m

薬剤師は資格を要する為、パートやアルバイトであっても
正社員募集と同じように薬剤師転職サイトにも多く求人が掲載されています。

一般のアルバイトと比べるとえ時給は高いと感じますが、
資格も必要ですし、仕事の内容を考えるとやはり責任も大きいように思います。

普通のアルバイトでも、能力や経験に応じて給与が上がることがありますが、
その考え方と似ているのかもしれません。

では、仕事内容はどのようなものかといいますと、
勿論バイト先によって異なって参りますが、
調剤薬局においては薬歴管理もしますし、服薬指導もするので幅広い知識も必要になります。

ドラッグストアにおいては様々な方が利用されるので、
医薬品の知識はもちろんのこと、時にはお客様の症状について相談をされたり、
症状に合った薬を提供し服薬指導も行います。

また、医薬品以外の他のストア内の業務もこなさなくてはならないので、
医薬品以外の販売の方の仕事をこなさなくてはなりません。

今では医療分業が進行し調剤薬局に限らずドラッグストアでも処方箋があります。
調剤業務の他、医薬品管理なども行うため、薬剤師不足が深刻化している
地方や仕事の内容によっては時給3,000円というところもあるかと思います。

また、調剤薬局やドラッグストアだけではなく、
製薬会社でも新薬の開発の検査や分析などで薬剤師のアルバイトを募集することもあります。
この場合はさらに時給が高くなるので、経験を積みたいという薬剤師の方にも人気が大変あるのですが、常に求人があるわけではありません。

しかしながら、高時給だからと言って仕事の内容を確認せず
むやみにアルバイトを決めてしまうと、薬剤師の資格とは全く無関係な営業などの仕事を任せられてしまうこともあるので、時給が高いからと言って確認せずに受けないように注意することも必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ