サプリメント販売に際しての薬剤師の募集について

0e993837c7dca5013552abd846cc7889_s

「サプリメント販売でも薬剤師の募集があるってホント??」

サプリメントにも専門的な知識が必要

昨今、栄養補助食品として、実に様々なサプリメントが製造販売され、
一般消費者も日常生活でサプリメントの1つや2つは愛飲している
といったことは決して珍しくなくなってきました。

サプリメントは薬剤とは違います。

薬剤は、病気の治療を目的として処方されたものですが、
サプリメントは薬ではなく、あくまで健康増進を手助けするために
必要な栄養素やミネラル分を詰め込んだ補助食品という位置づけになります。

しかし、このサプリメントも薬剤のように、
いわゆる「飲み合わせ」が存在することはあまり一般的には知られていません。

特に、ある薬剤と一緒にあるサプリメントを飲むと、
薬効が帳消しになったり、薬剤の吸収を阻害したり、
最悪、体内で化学反応を起こして酷い副作用の弊害をひき起こしたり
するケースもあります。

日常的な具体例を一つ挙げると、
血栓防止の薬剤であるワルファリンを日常飲んでいる患者さんが、
サプリメントとしてイチョウ葉のエキスや
グレープフルーツのエキスの配合されているサプリメントを飲んだ場合には、
出血するケースがあります。

このように、サプリメントとはいえ、
特に薬剤と一緒に飲む場合においては十分な用法に関しての注意が必要であり、
消費者にとって間違ったサプリメントを購入してしまわないために、
購入する際に適切なアドバイスをしてくれる専門知識を持った薬剤師がいてくれるととても心強いですよね。

サプリメントアドバイザー

薬剤師の資格を持った薬剤師といえど、次々と新しい商品が
絶え間なく出てくるサプリメントの知識は
薬剤とは違い専門外で、通例はそれほど詳しくはありません。

薬剤と一緒にサプリメントも販売している薬局やドラッグストアでは、
薬剤師に的確で十分なサプリメントの知識を身に着けてもらいたい
という需要は高く、そのための専門的な資格も設けられています。

それが、「サプリメントアドバイザー」というサプリメント専門の資格です。

これは厚労省が2002年に公布した
『保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成』
のガイドラインによるもので、薬剤とともに、
日々増大し複雑化するサプリメントに関しても十分な専門知識を持ち、
消費者に対して、的確な成分の説明や正しい服用方法をアドバイスできる
サプリメントのプロフェッショナルの販売現場への配置を企図したものです。

これにともなって、特に膨大な種類のサプリメントを置いている
大型チェーンのドラッグストアや調剤薬局では、
サプリメントアドバイザーの資格を持つ薬剤師の募集は年々増大する傾向にあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ