デスクワークの薬剤師の求人について

kushuri147

「デスクワークの薬剤師の求人ってどんなのがあるの??」

薬剤師でデスクワークといえば「DI職」

一般的に薬剤師の仕事といえば、
薬局なら調剤・製剤業務、服薬指導、接客、
ドラッグストアでは接客や服薬指導、棚卸、商品陳列など、
立ち仕事や接客業務が多いです。

一般のオフィスの事務職のようなデスクワークは薬剤師ではあまり一般的ではありません。
では、薬剤師にはデスクワークはないのでしょうか?

あることはあります。
“Drug Information”の頭文字を取った「DI業務」と呼ばれる職種です。

どのような業務かと言えば、Drug Informationが示す通り、
薬剤の情報や臨床データなどの膨大な情報を、管理する仕事です。

医薬品は日進月歩でどんどん新薬が開発されています。
それらの精密なデータを管理することはとても大事であり、
それらの業務は薬剤師の資格を持つプロフェッショナルでなくてはできないのです。

これらは主に、製薬会社や大学病院、医薬品卸売りの企業などで必要とされる職種です。

デスクワークの「DI業務」職が希望なら『リクナビ薬剤師』で

さて、これらのDI業務に携わる薬剤師の求人・募集は多くの場合、「非公開求人」です。

ですから、ハローワークや求人誌などを当たっても、
デスクワークの薬剤師の求人に巡り会える確率は極めて低いと
考えた方が良いでしょう。

では、どうすれば良いでしょうか?
オススメなのは、

『リクナビ薬剤師』

のような薬剤師専門の求人サイトに登録しておくことです。
リクナビ薬剤師に登録したうえで、希望する職種条件の詳細を添えて申告しておきます。

そうしたら、サイトの方に製薬会社や大学病院などから求人依頼があった場合に、
いち早くその案件を紹介してもらうことが可能になります。

業界トップクラスの求人案件数と実績を誇るリクルート運営のリクナビ薬剤師なら
こういった非公開求人案件もばっちり網羅しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ