薬剤師が転職する際のデメリットとは?

5da588f99b77077887b76a044ea6c8fd_m

社会的地位の高さや、高報酬な点など、薬剤師はいつの時代でも
人気の高い職業であり、また、需要の高い職業でもあります。
女性が比較的多い職場のため、比較的男女平等な職場環境と、女性が多いことから、
出産・子育て後もパートやアルバイトとして勤務しやすいというメリットもあります。

しかし、比較的に買い手市場と言われている薬剤師業界でも、
働くジャンルによってデメリットもあります。
また、そのようなデメリットを日々感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、各職場ごとのメリットとデメリットを分析し、
転職を成功させ、よりよく働くための方法をご紹介します。

○ 調剤薬局

直接カスタマーと接する機会も多く、残業時間が少ないが、
職場関係が狭いため人間関係がうまくいかないと仕事がしづらくなる。
比較的にコミュニティが狭い職場がおおいため、人間関係に仕事が左右されやすくなります。

○ ドラッグストア

求人が多く、サービス業としての接客マナーが身につくが、
薬剤師としての業務以外にも多くの業務をしなければならない。

店舗管理や在庫管理などもしなければならないため、調剤の仕事以外の仕事の割合が多くなる。
そのため、薬剤師としてやりがいを感じづらくなる場合もある。

○ 製薬会社

福利厚生がしっかりとしているところが多く、高給である。
しかし、成果主義でかつカスタマーから遠い位置にいるので、
誰かの役に立っているという実感は少ない。

○ 病院薬剤師

チーム医療が経験できるが、そういった人間関係がストレスになる場合も。

ほかにも、薬剤師として働く道は様々ですが、主なところはこのあたりでしょう。
しかし、デメリットといっても、人によっては裏返せばメリットになる場合もあります。
転職活動をする際は、各業界のメリット・デメリットを見極める必要があります。
ですから、最重要項目はまずは情報収集です。

リクナビ薬剤師や、ヤクジョブなどのサイトの情報や
コーディネーターからの情報で、しっかり自分の働きやすい職場を見つけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ