ドラッグストアで働こう!薬剤師の募集条件

ce81cd70fa6438c2081cd293ed9bf26e_m_

薬剤師にはいろいろな働き方があります。
医薬品関連企業の研究員、行政薬剤師、調剤薬局の薬剤師、病院勤務の薬剤師・・・などなど。
その深い専門知識から、幅広く薬剤師の資格を活かすことができるのが魅力的です。
その中でも、一般人にもっとも身近といえるのが「ドラッグストア」で働く薬剤師ですね。
ここでは、ドラッグストアで働く薬剤師のお仕事内容やお給料など、詳しくご紹介しています。

○ドラッグストアの薬剤師のお仕事

薬剤師の許可が必要な医薬品販売や健康相談などが主な業務です。
それだけでなく、一般病院の薬剤師では扱うことのないサプリメントや健康食品の販売など、お客さんの生活のトータルケアを行う仕事です。
また、ドラッグストアは、一般のお客さんも足を運びやすく、一番身近な医療従事者として信頼され、お客さんと近い位置でお仕事をすることができます。

○ドラッグストア勤務薬剤師のお給料

ドラッグストア勤務の薬剤師の年収は350~450万円と言われています。
一般的な薬剤師の平均給与とあまり変わりません。
しかし、ドラッグストアは年中無休で回転しているところも多いので、
シフト制のところも多く、ゆっくり過ごせる平日休みが多いのもメリットのひとつです。
また、正社員としてではなく、パート勤務の薬剤師も幅広く採用してくれるので、再就職を狙う主婦さんなどにおすすめです。

○ドラッグストアの薬剤師になるには?

とにかく、求人数が膨大であるということに特徴があります。
正社員だけでなく、パートやアルバイトまで含めたら本当に何万件と出てくるわけです。

その中から、自分に一番合った職場を見つけなくてはなりません。
せっかくの転職で失敗したくはありませんからね。
そんなときは、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの専門サイトで条件検索をして自分の希望に合った求人を見つけましょう。

そして、必要であれば、専属のコーディネーターがつく場合があるので、
相談するとぴったりの募集を探してくれたり、面接指導などしてくれる場合もあります。
ぜひ活用してみてはいかがですか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ