薬剤師のバイトについて

5c1dbb5973822b67aa8a7d2e4d814dd9_m

「薬剤師のバイト状況について教えて!!」

ここでは主に、薬剤師のバイト状況について考察していきたいと思います。

(1)薬剤師のアルバイトの主な業務

正社員ではなく、アルバイトとしての薬剤師の業務内容については、
その職場、バイト先によって様々に異なります。

その中でも、主なものとして挙げられるのが、『薬歴管理』という業務です。

これは、患者さんの詳細な薬剤や体質・病歴に関するデータ管理で、
具体的には、アレルギーの有無、アレルギーが有る場合には
どのような成分の薬剤に対してアレルギー反応があるか?など、
過去における薬剤の服用歴などのデータに基づいて、
患者に対して薬の服用を指導する
という内容の業務です。

一般の市販薬(ドラッグストア、薬局に市販されているもの)との相性も考察する必要があるので、薬剤に関してかなり深く幅広い知識が必要になります。

次に、薬剤師のバイトで多い業務としては『疑義照会』があります。
これは、
処方箋に記載漏れがないか?ミスはないか?をチェック(照会)する業務
です。
細かい観察眼とチェック能力が必要です。

この業務に関しては、正社員を含めた他のスタッフと密に連携しながら進める必要があります。

(2)待遇面は一般的な他バイトに比べれば高級

さて、薬剤師のバイトですが、やはり高度な知識と資格を要する専門職なので、
バイトといえども時給は高めなのが普通です。

勤務する職場も多様で、一般的には、小さな薬局から
大手のドラッグストア、病院から製薬会社で新薬開発に至るまで様々です。
もっとも多い求人は、やはり街の大きなドラッグストアでのバイトですね。

この場合の待遇面(賃金面)は職場によって異なりますが、
多くの場合には、最低でも時給2000円以上が相場です。
他の一般的なバイトと比べると、当たり前ですがかなり高額のバイトといえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ