パートの薬剤師のストレスについて

a695f1c29fc8ba83734e2d42344f84e6_m

「パートの薬剤師のストレスの一般的なケースを教えて!!」

ここでは、薬剤師の中でも、パートタイマーとして働く薬剤師にスポットを当て、
その仕事や職場におけるストレスのティピカルケースを考察していきたいと思います。

(1) パートの薬剤師のストレスの原因はほとんどが「人間関係」

パートとして働く薬剤師の方は、調剤薬局でもドラッグストアでも多いのが現状です。
このパートの薬剤師の仕事でのストレスを調査してみると、
ほとんどの場合が、職場での人間関係ということです。
とりわけ、正社員の薬剤師との関係に悩んでいるパートの方が多いようです。

薬局をはじめとする薬剤師の職場にも
いわゆる「ブラック企業」みたいなところは残念ながら存在します。

そのような職場においてパート(アルバイト)や派遣といった正社員以外の薬剤師は、
理不尽であったり、不当な差別を受けたり
神経を逆なでされるような無礼な態度を取られるケースは非常に多いようです。

このような同じ職場で正社員の薬剤師から受ける精神的なダメージを我慢していると、
やがて身体に変調をきたし、酷い場合には胃潰瘍などの病気にストレスが困ったものです。

(2) パートで働く前に「リクナビ薬剤師」で下調べを

上のようなケースに陥った場合、
もう実際にその職場で働いてしまってからでは、辞めるのも大変です。

ですから、できれば働く前にその職場のそのような空気やいってみれば
「裏情報」のようなものを知っておけばだいぶ違ってきますよね。

パート先を探している時点で、
リクナビ薬剤師」のような薬剤師求人専門のサイトに登録しておきましょう。
そして、そこに詳細な希望や、そういった人間関係でトラブる可能性のある「裏情報」を教えてもらえるように要望を出しておきましょう。

そうすれば、人間関係や職場の空気的に問題のありそうな場合、こっそり裏情報として教えてもらえる場合もあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ