パートの薬剤師の面接に臨む際の服装について

c89e8bb92ab03d019901502d48a260d7_s

「パートの薬剤師の面接での服装はどんなのがいいの??」

「パートだからカジュアルな方が堅苦しくなくて良い」は間違い?

特に女性の薬剤師さんに多いケースですが、大学を出て新卒で調剤薬局なり病院なりで働いていた薬剤師が、結婚や出産を機に退職し家庭に入り、子育てが一段落したらパート薬剤師として社会復帰したい、ということがあります。

そのような際にパートの求人を探して面接に行くわけですが、

「正社員じゃないのだから、スーツは堅苦しい。カジュアルな普段着の方がいいかな?

などと考えがちな方も多いのではないでしょうか?

確かに面接官によってはフレンドリーな感じを好み、スーツは堅苦しいイメージを持つ人もいるかもしれません。
しかし、これはあくまでも個人の感覚によるものです。

結論から言えば、パートの面接であっても男女ともにスーツで臨むのが良いと思います。

何故なら、たかがパートの面接だと言っても面接官によってはカジュアルな服装やラフなファッションで臨んだ場合、失礼な人だな、とか、常識無いのかな?とか、面接をナメてるのかな?
と感じる人がいないとは言えないからです。

カジュアルな服装で面接に行くとそういうリスクがあります。

スーツで臨めば、「堅苦しいな」と感じる人はいるかもしれませんが、少なくとも無礼だとか、うちの面接を軽く見てる、ナメてる、と感じる面接官はいないでしょう。

このような際の服装は消去法でリスクの少ないものから選択すべきだと思います。

高価でなくてもきちっとしている感や清潔感を与えることが大事

スーツ姿で面接に臨んだ方が良いことは上で述べましたが、どんなスーツが良いのでしょうか?

ポイントは華美でない地味なもの、であれば良いと思います。色は、黒系か紺系かグレー系で無地のものが望ましいでしょう。

要するに相手に不快感を与えなければよいのです。

そのような意味で安いスーツでも良いので、ヨレヨレで汚れているものはNGです。
埃が付いていたら丁寧にコロコロで取ったり、しわがあればアイロンがけしたりして、清潔感のあるキレイなスーツを着ましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ