私服で働きたい!ユニフォームなしの薬剤師求人

m020417
薬剤師と言えば、白衣でピシッと勤務・・・というイメージが強いですね。
でも、薬剤師のようなお固い職業で、全員同じユニフォーム・・・
ということに不満を持っている方も多いはず。

ここでは、さまざまな勤務先のユニフォーム事情をご紹介しながら、
自分にあった働き方を探すページです。

総合病院の場合

総合病院の場合、薬剤師だけでなく、看護師、技師、ドクターなど様々な人が
多数働いているため、患者さんから見分けがつきやすいように
職種でユニフォームの色を分けているところが多いようです。
決まったユニフォームで楽ちん!という方にはおすすめです。

薬局、ドラッグストア

薬局では、私服の上に白衣だけ羽織るというところも多いようです。
ユニフォームも、今では白色だけでなく、
ピンクや水色など自分の好きな色を選べるところも増えているようです。

企業勤務薬剤師

研究職ですから、もちろん実験なども考慮して
白衣を着るのがマストなようです。

うーん、やはり薬剤師で完全私服勤務というのも難しいかもしれませんね。
薬剤師のような医療関係職では、やはり清潔感が重要になってきます。
アクセサリーをつけたり、飾りが落ちやすいような服装などは基本的にNGなところが多いようです。

それでも、おしゃれを楽しみたい!という方は、
せめて白衣の色を選べるなどの条件の職場を探してみるのもいいのではないでしょうか?
リクナビ薬剤師や、マイナビ薬剤師のような転職サイトでは、
雇用条件を細かく設定して求人を探すことができます。
給与や勤務地だけでなく、実はユニフォームの有無なども
フリー検索することができるんですよ。

え、たかがユニフォームで転職?って思う人もいるかもしれません。
それでもやっぱり自分が働いていて気持ち良くないといけません。

今の時代、転職が昔ほどマイナーなことではなくなってきました。
ユニフォームがかわいい!で転職するのもありではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ