薬剤師の企業就職について

b5a5694c1252119d4c58696c1bc21ea1_m

薬剤師の企業就職というのは、
研究職製薬会社の管理薬剤師化粧品会社などが知られていますね。
他にも医薬情報担当者(MR)治験コーディネーター(CRC)臨床開発モニター(CRA)などがあります。

研究職というのは新薬の開発研究などですが、
薬学の道に進んだ方の中には新たな薬を発見し、
社会に貢献したいと思っている方も多いかと思います。

ただ、新薬の研究は医学や薬学に限定されたものではなく、
化学や農学、理工学と様々な学部の方が携わるため応募が殺到し、
研究職への就職は大変に厳しいと言わざるを得ません。

これまでの研究実績などが採用基準になるので、
化粧品会社や製薬会社の研究開発には大学院修了の薬剤師が必須のようです。

製薬会社の研究開発は狭き門ではありますが、製薬会社としては、研究開発の他に薬時申請や品質管理など、管理薬剤師としての職務もあります。

研究職に比べて求人数も比較的にあるのですが、会社では責任のある仕事なので、
新卒の採用は少なく、調剤経験年数や知識のある転職者が採用されることが多いようです。

DI業務について

さらに製薬会社にはDI業務と言って、
医薬品が開発されてから服薬されるまでの過程や、
さらにそこから改良されたり、副作用など医薬品開発においてでる
膨大なデーターなどの情報を管理する業務があります。

製薬会社や医薬品を扱う会社は、このDI業務を行う薬剤師がいなくてはいけません。

その為、新しく事務所を設立する製薬会社や
業務拡大の製薬会社では募集してることがあります。
ただ、DI業務も経験や知識を要するので、新卒の募集求人にはあまりないかと思います。

CRAやCRCについて

CRAやCRCについては、薬剤師資格保有者の需要は高いと言えますが、
特別薬剤師の資格が必要という職務ではないために、
看護師の資格をもった方がもっとも多く仕事をしている状況でもあります。

実情としては調剤薬局ほど薬剤師にはあまり知られていない職種ともいえるかもしれません。

ただ、新薬の開発にかかわることなので、
薬剤師の専門性は必要な職種でもあります。

こうしてみると、薬剤師として資格を活かせる仕事は多いとはいえ、企業の中においては
特別薬剤師の資格が必要というわけではないというのが実情でもあります。

薬剤師として能力を発揮したいのであれば、
病院や調剤薬局など医療の現場おいても、今は在宅医療、
リハビリテーションなど様々な分野で薬剤師の需要が高まってきているので、
今後、企業への転職に向けて経験を積むという意味でも医療の現場での就職を将来の方向性として考えてみても良いかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ