保健所で薬剤師として就職するには

CF079_L
薬剤師のお仕事は薬局やドラッグストアだけでなく、
保健所などの行政機関で公務員として働く場合があります。

国家公務員として働く場合は国家1種国家2種の試験
に合格しなければいけません。

地方公務員としての薬剤師のお仕事は公立の病院での勤務や
保健所で地域の人の検診や健康アドバイスなどに関わっていきます。

保健所で働く場合は薬に関する仕事だけではなく、
新規薬局の開設許可のための立ち入り検査をする部署や
食品の安全に関する部署もあるので業務内容は多岐にわたります。

地方公務員として就職するメリットは、
何と言っても福利厚生の充実さや収入の安定があげられます。

その分、薬剤師と公務員試験に受かる必要があるので
一般の薬剤師よりも就職が難しいのと、
一般求人ではなかなか見つけられない、というデメリットがあります。

それでもやはり公務員ということで就職のハードルさえクリアできれば
安定した収入を確保できるので乗り越える価値のあるハードルだと思います。

薬剤師の地方公務員の試験は基本的に1次試験と2次試験があり
(都道府県によって違いがあるので詳しい情報を確認しましょう。)
薬剤師としての試験だけでなく教養試験や論文、人物試験が行われます。

保健所で働く場合は地域の住民とのコミュニケーションスキルを
しっかり見られるので面接に関してのスキル
しっかり対策をとっておくべきでしょう。

リクナビ薬剤師では一般の求人情報では見つけることができない、
公務員の薬剤師の求人情報も掲載されています。

また就職活動について薬剤師専門のアドバイザー
履歴書の書き方から面接対策まで
しっかりサポートしてくれるので
安心して就職活動に臨むことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ