公務員の薬剤師としての就職

561038e4e2bef7ce72e8aa1d4b18bbdb_m

「公務員としての薬剤師の就職について教えて!!」

ここでは、公務員としての薬剤師の就職先について考察していきたいと思います。

(1) 国家公務員の場合

国家公務員として働く薬剤師の場合の仕事は、
主に厚生労働省などで国の薬事行政に関する仕事を行います。
薬事関係に関する法令を作ることも含まれます。

この仕事に就くためには、
国家一種試験国家二種試験に合格する必要があります。
高度な専門知識を要する官僚的な仕事です。

(2) 地方公務員の場合

地方公務員の場合には、都道府県もしくは市町村の自治体に採用されることになって、
その配属先は、色々な種類の職場になります。
大きく分けると以下のような職場です。

  • 「保健所に配属され、環境、食品衛生監視関係業務にあたる」
  • 「公立病院に配属され、そこの病院内の薬局における調剤業務」
  • 「各都道府県の薬剤科に配属」
  • 「管理監督下の薬局・医薬品製造業者の立ち入り検査や指導業務」
  • 「麻薬取締官として配属される」

これらの部署をだいたい約三年程度のサイクルで異動するのが通例のようです。

これらの職に就くには、各自治体の地方公務員試験に合格しなくてはなりません。
また、採用試験に合格しても、希望通りの職種に就けるわけでもありません。

職種によってその年年で空きがあるとは限らないからです。

給与面は、地方公務員ですので、
どの職種に就いたとしても地方公務員の給与体系に従います。

この公務員の薬剤師の大きなメリットとしては、公務員という立場なので、
一般の民間企業で薬剤師をやる場合よりも
有給休暇を取りやすいことや、産休や育児休暇制度の充実などが挙げられます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ