公務員になろう!行政薬剤師のお仕事

5e9349f849621fec9e2598f774e10561_m_

みなさんは、公務員として行政で働く薬剤師をご存知ですか?
ここでは、公務員薬剤師のお仕事内容など、詳しくご紹介していきます。

薬学に携わる行政のお仕事には主に2つあります。

一つ目は、国家公務員として、薬事に関する法令作りなどを仕事にする場合です。
国家公務員1種もしくは2種の試験に合格する必要がありますが、
薬剤師の資格は持っていなくても目指すことができます。
また、国家公務員の中でも、薬剤師でしかできない麻薬取締官や食品衛生監視官などの仕事もあります。

二つ目は、地方公務員として保健所などで窓口業務や相談員をする場合です。
こちらは、各地方自治体の公務員試験に合格し、かつ薬剤師の資格免許が必要となります。

○ 公務員薬剤師のメリット

お給料に関しては、民間の調剤薬局で働く場合とたいして差はありませんが、公務員薬剤師としての魅力はやはり「安定性」と言えます。
クビになることもめったにないうえに、福利厚生も充実しています。

○ 公務員薬剤師への道のり

最初にも述べましたが、公務員薬剤師として働くには、
まず就職試験に合格する必要があります。
しかし、自治体によっては試験には合格しても、試験の成績順で就職先が決まり、最終的に採用枠を獲得できない場合もあります。
そのため、相当な覚悟が必要だと思われます。

しかし、試験勉強はさすがに国家試験を通過してきただけあって、みなさん問題なく通過される方が多いです。

問題なのは「面接試験」です。
一般の公務員試験と同様、各自治体による面接試験があります。
毎年試験は通過できるのに、この面接試験だけ突破できない・・・なんて人もたくさんいます。

なので、公務員薬剤師になりたいのなら、試験対策だけでなく、
この面接対策もしっかりやっておくと◎
リクナビ薬剤師薬キャリなど、
キャリアコーディネーターサービスがついている転職サイトでは、専属のキャリアコーディネーターが面接のアドバイスを行ってくれるので安心です。

ぜひ活用してみてはいかがですか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ