薬剤師の再就職に有利なのは経験やスキル?

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_m

薬剤師が再就職する場合、
以前であればスキルや経験があれば即採用されるという印象がありましたが、
最近では、薬剤師の資格と同じように
スキルや経験は必須項目として扱われていることが多いようです。

というのは、病院によってジェネリック医薬品や漢方などの取り扱いの有無、
在宅医療などに取り組んでいるかどうかなど、手に入るスキル・必要な技術に差があります。
もしくはそれらとは、全くかかわりのない病院や薬局も勿論あります。
また、スキルアップのために転職を希望する方が多いということも背景にあるかと思います。

これは、転職する側の条件によって採用が決まるということではなく、
再就職となると必ず面接では退職理由を聞かれると思いますが、
雇う側としてもこの退職理由を通して、求める人材であるのかを見極めているということです。

再就職や転職理由には、不満や愚痴は実際にあったとしても、
そのようなネガティブな理由で退職を決めたとあれば、
雇う側としては、どんなにスキルが魅力的で、経験が長くても
同じことを繰り返されると思って正直不採用を出すかと思います。

もちろん理由は理由として重要なポイントとなるので、
嘘をつく必要はありませんが、必要なのはその状況の中でも
薬剤師としてのスキルアップをどのように考えているのか、
どのように仕事をしていきたいかという前向きな希望が大切になってきます。

自分の目指すものを実現させるための
条件をまとめておくことも必要かと思います。

ここで言わんとしているのは、
これまでのスキルというよりも今後どのような気持ちで薬剤師として仕事をしていきたいのか、
将来的にどんどん変化していく医療業界で、
自分は薬剤師として何を求められているのか、何ができるのかということを
自分で解決していける問題解決能力が求められているということを理解しておくことが大切なのです。

再就職というのは、もちろん雇用先が求める人材であることも重要なのですが、
自分自身が取り組んでいきたいと思う
目的をはっきりとさせておくことも相手に伝えるという意味で大切なのです。

経験やスキルがあっても、不満があるから退職をするというネガティブな理由では、
相手に伝わらないのはもちろんですが
自分のモチベーションも下がってしまい、結果失敗に繋がってしまいます。

薬剤師は続けていく以上、進化する薬剤や新薬を常に学ぶことが必至であり、
なおかつ利用されるお客様1人1人へのきちんとした対応も求められます。
その上ではコミュニケーション能力も必要となってきます。

大切なのは経験やスキルではなく、
これからどのような薬剤師になっていきたいか、
そのためにはどうしていくことが重要なのかなど、
きちんと自分で目的意識を持てているかどうかではないかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ