北海道の薬剤師の給料は高い?低い?

kushuri152

薬剤師の給与というのは職種によって様々ですが、
病院や調剤薬局の給料相場だと、全国的には平均か少し低いとされています。

ただ、北海道は広いので、都心と地方によってかなりの差があります。
北海道の都心部、札幌や小樽には薬科大や薬学部があり、給料は全国的に見ても低いのですが、
道内の地方を見ると、全国平均を上回っているところもあります。

地域により差のある給料

北海道の求人を見ても、飛びぬけて給料が高いものや病院の求人は少ないように思いますが、
実際には薬剤師が足りておらず、道東や道南のような遠隔地では、
社宅や住居を準備し、福利厚生のしっかりとした好待遇の求人が多くあります。

全国的な求人情報では、ほとんどが札幌市内に集中しており、
好待遇の求人はあまり見かけないですが、
都心から離れた遠隔地の求人では年収が600万~700万の求人も少なくありません。

とはいえ北海道は広く、地域によって差があるので、給料が高いとも低いとも言えませんが、
地方の好待遇の理由としては、冬の厳しい北海道の自然環境にもあるように思います。

雪国とはいえ、札幌のように都心であれば交通の便がある程度整備されていますが、
地方となると薬剤師の仕事の他に雪かきがあるなど体力を必要とされ、
求人情報だけではわからない慣れない環境での大変さもあります。

なので、条件や希望を聞いた上で紹介する非公開求人となっていることも考えられます。

地域医療が盛んな地域も

また遠隔地での環境においては、病院内の医療環境だけではなく、
地域医療が盛んに行なわれているところも多く

調剤薬局内での仕事の他、自宅に訪問して服薬指導をすることもあります。

ただ、薬剤師不足ということもあり、
実際のところ病院薬剤師は薬局内での仕事がほとんどであり、
在宅療養となると訪問の看護師が代わって行っているところもあるようです。
患者さん1人1人と関わり、地域医療の経験を積みたいという方にはおすすめです。

情報収集をしっかり

北海道に限らず、薬剤師が不足している地方では高収入・好待遇と言われていますが、
生活環境や職場環境の情報をきちんと収集しておくことは大切なことです。

とはいえ、個人で職場や生活環境など全ての情報を収集するとなると難しいので、
専門の転職サイトを利用
すると、様々な情報が得られるので良いと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ