厚生労働省への薬剤師の就職について

Koseirodosho1

「厚生労働省へ薬剤師が就職するにはどうすればいいの??」

ここでは、そんな中でも、国家公務員である
厚生労働省への薬剤師の転職について考察していきましょう。

(1) 厚生労働省における薬剤師のお仕事とは

厚労省には実に様々なセクションがあるのでそれに伴って、
色々な分野の専門職の人たちがいます。
そんな中で、薬剤師資格を持つ専門職を活かせるポジションの仕事というのは?
主な業務を挙げていくと、

  • 「製薬会社から提出される新薬の承認申請について検証する」
  • 「医療機器メーカーから提出される
     新商品の承認申請について検証する」
  • 「製薬会社及び医療機器メーカーへの監督業務及び指導」

といったような、行政監督業務です。
いかにもお役所っぽい仕事ですね(笑)

しかし、これには豊富なキャリアと深く広い知識とが必要不可欠です。
そのためか、新卒の薬剤師が厚生労働省に就職できるケースは稀であり、
経験豊富で勉強、研鑽を積んでいるベテランの薬剤師がキャリアアップとして
厚労省へ転職するというパターンが一般的のようです。

(2) キャリア系求人募集情報は「リクナビ薬剤師」で

この厚生労働省の薬剤師の仕事のような、キャリア系の仕事の求人募集情報というのは、
一般的に市場には出回らず、ハローワークなどでも探せない転職情報です。

そこで、オススメの方法としては、薬剤師の求人情報に特化し膨大な案件数と実績を誇っている
リクナビ薬剤師」などの転職サイトに登録しておくことです。
ここに登録して、厚労省への転職希望と細かい条件を申請しておけば、
求人が生じた場合に、募集情報をいち早く入手することが可能になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ