名古屋の薬剤師の給料について

10a56ae6285133a5dbae9edb9a45b6b6_m

「名古屋の薬剤師の給料の実態を教えて!!」

ここでは、名古屋の薬剤師の実態、
特に給料面などを中心に考察していきたいと思います。

(1) 区によってバラつきと傾向の違いがある

一口に、「名古屋市の薬剤師」といっても、
その場所(区)によって、かなりバラつきがあるようです。

まず、調剤薬局の給料の相場で言えば、全般的に最も高い区(エリア)は天白区で、
正社員の調剤薬局員で年収500~600万円
パートの時給は1800~2500円といったところが相場のようです。

東区も正社員の調剤薬局員で年収500~600万円で高いですが、
こちらは、上は800万円、下は420万円といった、勤務先や条件によるバラつきが大きいです。

全般的に、南区や昭和区などでは
正社員、パート(アルバイト)ともに、給料は低めの傾向です。
その他の区では、だいたい正社員の調剤薬局員で、年収が400~700万円のレンジです。

また、ドラッグストアの正社員の場合は、
各区ともだいたい年収450~550万円が相場でありますが、
中には年収420万円や年収700万円といった勤務地や店によっての格差もあります。

病院勤務の正社員の場合には、たとえば瑞穂区、西区などでは高めで、
年収400~700万円、低めの中川区などでは年収350万円前後が相場になっています。

このように、薬局・病院とも、区(エリア)によって
かなり大きなバラつきがあるのが名古屋の薬剤師の給料の相場の特徴です。

(2) 希望の勤務地や条件を登録して探す

このような区(エリア)によっても、勤務先、条件によっても
給料がかなり変動する名古屋の薬剤師の事情なので、
情報をいち早く入手することは至上命題になってきます。

リクナビ薬剤師」に詳細な希望条件や名古屋での希望エリアを登録しておきましょう。
そうすれば、空きができ次第、その希望条件に合った、給料や勤務形態の求人応募先を紹介してもらえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ