国家公務員の薬剤師について

a2dd8e227e459da7cc204f1d09686fca_m_

「国家公務員の薬剤師ってどんな仕事??」

ここでは、国家公務員としての薬剤師とはどういうものか?について考察したいと思います。

(1) 国家公務員としての薬剤師の道は大まかに分けると2つ

薬剤師の資格を得ると通常は、民間の調剤薬局や病院、ドラッグストアや製薬会社などに就職するケースが大多数ですが、
中にはずっと低迷する景気の世相もあり、
安定した公務員、中でも国家公務員の薬剤師を志向する人も多くいます。

一口に薬剤師が国家公務員を目指すといっても、
漠然としていますが、大きく分けると2つの道に分かれます。

まず一つ目は、
国家一種試験に合格して厚生労働省などで仕事をする「キャリア組」の薬剤師です。
これは、実際には物凄く難関で、薬剤師だからといって中々合格できない狭き門です。

そこで、2つめの薬剤師が国家公務員になる道として、
国立病院機構の薬剤師という道があります。

これは、国家二種に類するもので、試験に合格し採用になれば、
国家公務員の身分になり、国立病院の薬剤師として働きます。

給与体系や待遇条件等も、国家公務員二種に準じたものとなります。

「安定」と年功序列(勤務年数右肩上がり)を求める人にとっては格好の選択肢ですよね。

(2) 国立病院の薬剤師(国家公務員)のメリットとデメリット

なんといっても国家公務員です。
他の民間の薬剤師と違い、景気や世相の動向にあまり左右されず、
給与は基本的に今年より来年、来年より10年先、というように
長く勤めれば勤めるほど、余程のことがない限りは誰でも一律にどんどん上がっていきます。

しかも、定年まで安心して勤務することが可能であり、尚且つ多額の退職金(民間より数千万円多いという試算もある)までつきます。

デメリットとしては、民間と違って、国立病院機構は全国組織なので、
異動や転勤は退職するまで付いて回ります。

たとえば、ずっと東京で働きたいと思っていても、
国立病院の薬剤師(国家公務員)であれば、辞令が出れば、
次の年から東京を遠く離れた山間部や島嶼地方へ行かなくてはならないケースも日常的に考えられることなので、そのあたりの覚悟と環境適応への努力は絶えず必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ