国立病院機構の薬剤師募集について

National_Hospital_Organization

国立病院機構は、厚生労働省の管轄内にある独立行政法人です。
そのため薬剤師がもらえる給与基準は国家公務員と同じです。
別な独立行政法人ではありますが、日本赤十字社もその形態であります。

国立病院機構のポイントとしては、
上記のように国家公務員としての待遇なので、給与や福利厚生などが保障され、
子育て支援制度なども充実しているので長期にわたって安心して就業することができます。

薬剤師としては、
医療チームの一員として

  • 医薬品管理
  • 調剤
  • 製材
  • 情報管理
  • 管理指導
  • 治験管理
  • 臨床研究

など、様々な業務に取り組み、
感染防止、チーム医療、治験コーディネーター養成研修、新採用者研修など
薬剤師の教育研修プログラムも充実しています。
採用後は主任薬剤師、副薬科課長、薬科課長と承認する制度もあります。

勤務先は、薬剤師欠員状況に応じて採用されるので、
ブロック管内の病院または施設に配属となります。
また、任期で病院をローテンションするので、様々な病院で経験を積むことができます。

ただ、ブロック内とはいえ道内・都内・府内・県内あるいはブロック内にある別の都道府県内への転勤もあるため
自宅から遠い勤務先などは、引っ越しなどの可能性や家族がある場合には単身赴任等になることもあるかと思います。

国立病院機構は女性薬剤師であれば、
福利厚生から産休や育休に入っても仕事を続けられますが、
男女問わず何かの理由で一度仕事から離れると
薬剤師に退職者や欠員が出来た時のみの募集となるので戻れず、
復職が難しいというのも特徴かと思います。

そのため転職者の採用となるとさらに難しく、
年齢による資格条件もあるため志望される方の多くは新卒の方が多いです。
ほとんど新卒の薬剤師しかとらないというのも特徴的かと思います。
パートやアルバイトでの採用形態もなく正規雇用のみとなっています。

国立病院機構のグループ病院の中には非常勤勤務を募集していることもありますが、
どのブロックでも募集しているわけではないので、
非常勤で探される方は転職サイトを利用されると良いかと思います。

基本は国立病院機構のホームページをチェックすることが重要なのですが、
非公開求人など応募が殺到するような求人募集の場合は
個人で情報を取集していると先にとられてしまうことも多いので、
情報が出た場合には、常に連絡をしてもらえるようにしておくと良いかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ