在宅で仕事をしよう!在宅薬剤師のお仕事

m020482
薬剤師は比較的女性の多い業界です。
結婚出産を機に、職場から離れる女性が多いのではないでしょうか。

せっかく取った資格、出産・育児を理由に働くことをあきらめている
薬剤師の皆さん、もったいないと思いませんか?

後期高齢化がすすむ今、実は「在宅薬剤師
が大変注目されていることをご存知ですか?

2013年4月より、政府は在宅医療支援認定薬剤師制度を開始し、
在宅や居住系施設で療養している高齢者の服薬指導などを行う
認定薬剤師なども誕生しています。

子育てが一段落した女性は、専門職の資格を活かして
再就職したいと思う方が多いと思います。

しかし、育児が一段落といっても、家庭を持ちながら
仕事をするにはやはり制約が多いのです。

求人の募集先によっても働き方は少し違ってきますが、
在宅薬剤師のメリットとしては、
自分で仕事のスケジュールを立てやすいということになります。

薬局等に出社しての調剤業務がないため、
ある程度仕事をする時間を自分でコントロールできます。
たとえば、訪問の帰りにお子さんをそのまま幼稚園に迎えに行ったりといったことも可能です。

再就職の際に心強い味方となるのが、実は「転職サイト」なんです。
転職サイトなんてどこで登録しても同じだとおもっていませんか?

転職サイトによって登録されている求人広告の質は大幅に異なります。
やはり優良の求人広告は大手媒体に集まる傾向があるので、
リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの大手サイトは1つくらいおさえておいた方がいいです。

また、主婦の再就職となるとブランクも多く、
転職活動を進めていく中で不安に思うことも多いでしょう。

そんなときには頼れるコーディネーターの無料サポートが付いているサイトがおすすめです。
リクナビ薬剤師やヤクジョブなどのサイトはそういったサービスが無料で受けられます。

今や主婦の労働力が再注目されています。
今まで培った知識と経験を、もう一度活かしてみませんか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ