地方公務員の薬剤師の仕事と給料について

ce1d5bf81e1e6d1e202244e09b3bb12d_s

薬剤師の就職や転職の際には、

  • 薬剤師としてどのような仕事をしたいか
  • 将来的にはどのような薬剤師を目指しているか
  • をある程度明確にしておくことが必要です。

    特に公務員薬剤師を目指す場合、仕事内容が民間の薬剤師とは異なりますし、
    地方公務員上級試験を受験しなくてはならないので、そのための勉強も必要となります。

    また、試験に合格し晴れて地方公務員となっても、
    自分の希望する職種につけるとは限りませんので、
    ある程度は公務員の仕事について確認し、情報を収集しておくことも大切です。

    安定した職種、公務員

    公務員というと、給料も高く福利厚生も安定し、
    職場が閉鎖したり倒産する心配もなくリストラされることもない
    ため、
    安定を考えて目指す方もいるかと思います。

    ですが、閉鎖や倒産がないとはいえ、さまざまな職種がある中で3年をサイクルに異動があります。

    また、薬剤師の資格を有する上級試験を受けるので、公立病院などに配属されれば
    民間の薬剤師と同じように調剤業務をすることもありますが、
    地方によっては、財政難から自治体運営から切り離し、
    独立行政法人化
    する病院も増えてきています。

    思っているのとは違う仕事かも

    なので、自分の希望する職種にずっと携われるわけではありませんし、
    自分のイメージしていた薬剤師の仕事とは全く異なることもあるわけです。

    公務員薬剤師の仕事としては、公立病院での調剤業務のほか、
    薬局や医薬品製造業者の立ち入り検査や指導などをする、管理・監督業務につくこともあれば、
    薬剤師の免許が必要ではない職種に配属されることもあります。

    全く資格が活かされないということではありませんが、
    保健所に配属された場合、薬剤師ではなくても配属される
    環境や食品衛生監視関係の業務にあたることがあります。

    他にも麻薬取締官として配属された場合でも、そのために公務員薬剤師を
    目指していたとしても必ずしも希望通りの職種につけるわけではありません

    とはいえ、どの職種に就いたとしても
    給料の面では、あくまで地方公務員の給与形式なので、
    年数を重ねればその分上がりますし、一般の病院や企業に比べれば有給休暇もとりやすく、
    女性であれば、産休や育児休暇が充実しているので働きやすい
    とも言えます。

    給与は年々上昇する

    ただ、公務員薬剤師の初任給や年収は
    その後の数年間は、一般の企業と比べると少ないです。

    地方によって薬剤師不足により、企業や病院の提示する給与や年収が上がっている中、
    公務員薬剤師の給与は初めのうちは少ないと思うこともあるかもしれません。

    ですが、勤務年数によって昇給もあり、
    将来的に役職などが付けばその分年収も大幅に上がります。

    公務員薬剤師は、給与も高く福利厚生においても充実しています。
    さまざまな知識や経験を得て、いろいろな分野に携わり、
    やりがいや安定を求める方にはおすすめですが、
    調剤業務や研究など1つの業務に専念したいという方には向きません。

    個人でこうした公務員薬剤師の情報を取集するのは難しいかと思うので、
    気になる方は薬剤師専門の転職サイトに相談してみましょう。

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ