大学病院で働こう!薬剤師の求人募集

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

薬剤師のお仕事と言えば主に調剤業務というイメージですが、
実は働く業務形態によってお仕事内容が大きく異なります。
調剤薬局、大学病院、医薬品関連企業・・・などなど。
同じ薬剤師でも、お給料やお仕事内容は全然違うんですね。

ここでは、順天堂大学病院や慈恵医大病院などを代表するような、
大学病院で勤務する薬剤師のお給料や仕事内容についてご紹介しています。

大学病院ってどんなところ?

その名の通り、大学の付属病院のことです。
一般病院と違う点は、通常の診察の目的に「教育」「臨床」「研究」の要素が加わっているという点です。
待ち時間も多いですが、その代り最先端の医療を受けることができます。

大学病院の薬剤師のお仕事

大学病院によっても取り組みは様々ですが、
大学病院で勤務する薬剤師はもちろん主な業務は調剤業務ですが、
そのほかの業務も多いようです。

  • ■医師の診療同行
  • 医療ミス防止のため、近年では医師の診察に薬剤師を同行させる病院も増えているようです。

  • ■服薬指導
  • 入院患者の服薬の指導をします。

  • ■新薬の研究
  • 先にも言いましたように、大学病院は研究の場でもあります。
    製薬会社から新薬の研究を依頼される場合もあります。

  • ■新薬の購入
  • 製薬会社の新薬をMRから購入するかどうかの決定を行います。

    このように、大学病院の薬剤師の業務は多岐にわたります。

    薬剤師の給料

    このように、一般病院よりも大学病院に勤務する薬剤師の方が
    業務が多岐にわたっていることが分かります。

    お給料に関していえば一般病院とさほど変わらないようですが、
    一般病院よりも薬剤師としての技術と経験を積むことができる点
    安定性などの点から毎年人気の高い職場となっています。

    しかし、大学病院の薬剤師の募集は年に数人程度。
    キャリアアップのためには転職して損はない職場です。

    この狭き門を突破するには、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの転職サイトのキャリアアドバイザーに相談するのが一番の近道ですね。

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ