子持ちの主婦の薬剤師の転職・再就職について

33853279eb07e6dbf58d2a50541d5d22_m_

「子持ち主婦の薬剤師が転職・再就職する時に気を付けることって何??」

ここでは、子持ちの主婦の薬剤師が、転職・再就職する際に
注意すべきポイントなどについてざっと考察していこうと思います。

(1) 仕事と家庭(育児)の両立が無理なくできる職場の厳選

薬剤師として働いていたけど、出産や育児を機に、
いったん退職して仕事を離れていた薬剤師の人が、育児も一段落してきたので
また薬剤師として働きたいと、再就職先を探すケースは非常に多いと思います。

長いブランクの後ですので、不安や焦りは大きいでしょうが、
ポイントはじっくり厳選することです。
この際に、ネックでありキーとなるのは勤務時間でしょう。

例えば、残業の多い職場であったり、
休日の少ない職場の場合には、家庭(子育て)に支障が出る可能性は高まります。
かといって、職場にそのような私事を理由に都合をつけてもらっていては他に迷惑です。

ですから、入ってしまってからでは遅いので、
入る前にじっくりその勤務時間に弊害のない職場を厳選することが第一義となります。

(2) 育児支援制度の充実した職場を選ぶ

近年は特に、人材不足を補うために、
結婚や出産などを機に一旦仕事を辞めてしまった
休眠薬剤師を積極的に登用しようという動きが業界全体にあります。

そうした際の鍵となるのが、育児支援の体制強化です。
会社(調剤薬局やドラッグストア)によっては、託児所を所持したり、
託児所を斡旋したり、ベビーシッターを紹介したりする、
子育て中の子持ち薬剤師でも働きやすい育児支援システムに力を入れているところも増えてきています。

このようなポイントも子持ちの薬剤師にとっては大きな選別ポイントになると思います。

(3) 細かい条件を厳選したければ「リクナビ薬剤師」で

このような厳選した再就職先・転職先を見つけたい子持ちの薬剤師の人にオススメなのが
リクナビ薬剤師」などの薬剤師専門の大手求人サイトに登録しておくことです。
ここに登録して、細かい希望条件を詳細に申告しておくのです。
そうすれば、希望に近い条件の求人案件の依頼があればすぐに情報を得ることができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ