製薬メーカーの学術の薬剤師の募集について

OZ85_karutemotuisya20140321160021

「製薬会社の学術の薬剤師について教えて!!」

薬剤師の進路は、街の調剤薬局からドラッグストア、病院から製薬会社まで多岐に渡りますが、
ここでは、特に製薬メーカーの「学術職」について
ブラッシュアップして、その求人募集についても考察していきたいと思います。

(1) 製薬会社における「学術職」の実務とは?

製薬メーカーの学術職とは、簡単に言えば、

  • 病院などの医療の現場からの問い合わせに答える業務
  • 自社の開発(販売)商品の情報管理
  • MR(営業)のサポート

の3つが、柱の仕事のようです。

少し具体的に説明すると、
病院や薬局の現場に、自社のMR(営業)と同行し、
自社製品及び競合製品に関する数々の研究保管データを提供したり、
新製品などの商品知識を、自社MR(営業)にプレゼンし、詳細に説明する勉強会を随時行い、
その後顧客である薬局や病院へも、MR(営業)と同行してプレゼンを行います。

この他にも、新商品の医薬品の販促目的で配布する
医療関係者を対象とした、パンフレットや資料の作成にも関わったりします。

(2) 「学術職」のメリット・デメリットとは?

製薬メーカーの学術職として働くメリットを列挙すれば

  • 「最先端の特定の分野の医薬品、およびその分野について
     非常に知識を深めることができエキスパートになれる」
  • 「製薬メーカーは大きい組織なので、福利厚生が充実している
  • 長期の休暇が取りやすく、また残業も他と比べても非常に少ない

一方、デメリットはというと、

  • 「製薬会社における学術職の数は少ないので、
     一人が負担する責任は他職の人より遥かに大きい」
  • 「MR(営業)が抱えるクレームをそのままぶつけられるケースが多く、
     そのため、MR(営業)に代わって常にクレーム対応できるほどの
     最新の医療情報を勉強していなければならない
  • 知識的に、自社の製品の狭い分野に偏る傾向がある

といったところでしょうか。

(3) 製薬メーカーの学術職に就くには?

製薬メーカーの学術職を希望する際においての注意は、
その会社の社風は勿論、どんな分野の医薬品の開発に注力しているのか?
を必ず調べてください。
学術のひとはその分野を深く長く研究したり携わることになるからです。

求人募集に関しては、例えば「リクナビ薬剤師」のような
大手で求人数の多いサイトに自分の希望条件を細かく登録しておき、
募集情報をいち早くもらえるような体制にしておくと有利でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ