日本薬剤師会学術大会でモチベーションアップ!転職しようかなあと思ったら!

d5b2312e2747ab36482d0f37002b7a1d_m

年に一度の学術大会。
全国から意識の高い薬剤師が集まり、最新事情について学びあいます。
専門家が一堂に会するのですから、当然、お互いの仕事について語り合うのはもちろん、
自身の職場環境の愚痴なんかもでてきますよね・・・。
もちろん、口だけでなく、自分の仕事や職場の素晴らしさや、ビジョンなど情報交換も盛んになされます。

そのような中、やはり他人の意見を聞いて首をもたげるのが
「転職したい!」という思いの方も多いのではないでしょうか?

年に一度の学術大会。
モチベーションアップもしたところで、
転職への第一歩を踏み出すきっかけにしてみてはどうですか?
ここでは、薬剤師の転職成功の秘訣をお伝えします!

学術大会へ行ったらまずすることは?

自分が勤務する業界とは違ったジャンルの人たちがたくさん集まります。
医薬品関連会社勤務、薬局勤務、病院勤務・・・などなど。
転職経験のない人には、他ジャンルの職場は未知の正解です。
まずは、できるだけ様々なジャンルの薬剤師と情報交換をし、自分のやりたいこと、働きたい環境に近いイメージを探ってください。

転職活動をすすめるには?

まずは自分が働きたい環境のリサーチです。
企業情報などは転職サイトで確認しましょう。
ちなみに、日本薬剤師会のHPにも無料で求人が閲覧できますが、
ここから自分ひとりの力で転職活動を進めることはおすすめできません。
日本薬剤師会のHPで得た求人情報をもとに、登録した転職サイトのアドバイザーに相談するのが最もおススメです。

転職サイトの活用法

上記にもありますが、実は転職サイトにはアドバイザーが無料でついているサイトもあるんです。リクナビ薬剤師やヤクジョブなどのサイトですね。
このようなアドバイザーは、自分の要望にあった求人を見つけてきてくれるだけでなく、
なんと就職先の職場環境も事前調査してきてくれるっていうから驚きです。

このように、ある程度情報収集を自分でしたら、
他人の力もフル活用するのが、転職活動成功の道です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ