定年後の薬剤師の募集求人について

889ec7c9741efb98425e45312a9765df_m

薬剤師の定年は企業や病院ではだいたい60歳です。
ですが、近年では退職後薬剤師として再就職する方が増えてきているようです。

実際に今の60歳、70歳の方は、昔に比べるととても元気ですし、
健康で働けるうちは働きたいというのも普通かと思います。

ただ、退職後の再就職となると、退職前よりも給料が下がってしまうケースや、
正社員を希望していてもパートとしての雇用をすすめられることもあります。
再就職についての注意点やポイントについて、いくつか把握しておくことが必要です。

再就職の面接失敗パターンとして、
経験や知識があることは雇用側も十分に理解はしているのですが、
転職の方の採用を決めるに、以前の待遇や給与を求めたり、自分の条件ばかりを出してしまうと、やり方を押し付けるような感じの印象にとられてしまい、なかなか採用まではいかなくなってしまうようです。

雇用先にもよりますが、
ほとんどの方は自分よりも下の薬剤師の方が働いている状況です。

条件に固執したり、アピールをしすぎてしまうと、
協調性のない方だと判断されてしまうこともあります。
再就職を考えるのであれば、ある程度は妥協も必要ですし、雇用先の要求に対応することも必要であります。

とはいえ、薬剤師は現在様々な場で重要が高いため、
資格を持っていれば再就職しやすいので、ある程度の希望は伝えることも大切ですね。

ただ、都心等の勤務先によっては薬剤師があふれているので、
地域によっては難しいこともあるかと思います。

病院や調剤薬局によっては、薬剤師不足ともあり若い世代を育てていくために新卒採用や長期勤務される方を望まれるところが多いのも実状です。
希望がある場合にはその条件にあった募集求人を探すことが必要です。

そのため少しでも条件に合った職場を見つけるためにも、
個人で探すのではなく退職前から計画的に薬剤師の求人サイトに登録されて情報を得たり、相談をされることをおすすめします。

薬剤師求人サイトでは定年退職する方向けの求人も多く掲載されていますし、
アドバイザーの方に相談もできますし、
仕事内容や職場環境、年収など、ある程度の詳細は情報として提供してくれますので、希望に近い再就職先が見つかります。

また、再就職などの求人は一般の求人募集にはないので、
薬剤師専門の求人サイトを利用することで様々な求人が見られます。
その為、希望する求人が見つけやすくなると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ