定年後の薬剤師に対する求人について

f3f912e2d9d63bb128167086a4f1476b_s

「定年後の薬剤師に求人ってあるの??」

薬剤師の定年

他の多くの職種と同じく、薬剤師にも定年退職制度はあります
病院勤務でも、調剤薬局やドラッグストア勤務でも、製薬会社のMRや研究員でも、
一定の年齢まで勤務すれば定年退職して職場を去ります。

薬剤師の場合には、ほとんどの職場が60歳を定年退職年齢にしていますが、
職場によっては65歳のところもあります。

逆に他の業種のサラリーマンに見られるような60歳に満たない
40代や50代での早期退職誘導やリストラといったものは薬剤師の世界ではまずありません。

知的専門職&資格職の強み

こうして定年退職した薬剤師の方々には第二の人生がはじまるわけです。
定年後は十分な貯えと年金収入があるので、もう働かず
悠々自適の生活を送りたいと考える人もいれば、まだ働きたい、と考える人もいます。

後者の、「まだまだ元気なうちはバリバリ働きたい!」と考える人にとって、
薬剤師という職業はまさに最適です。

薬剤師は、未来には需要と供給の関係が逆転して、薬剤師の余る時代がやってくる、
という試算が出されていますが、現状はまだまだ人材が不足している業種です。

薬剤師は大学薬学部で専門教育を受け、なおかつ薬剤師国家試験に合格しなければならない
という高いハードルを超えてきた人しか就くことができない資格職なので、
誰でもできないからです。

第二の人生のスタート

定年後であっても働きたい意志があって健康なら、
たとえ70歳を超えていても、薬剤師の求人はたくさんあります。

特に目につくのは、定年まで都会の病院や薬局や製薬会社などで働いていて、
定年後に故郷に戻ったり地方に移住したりして第二の人生をスタートさせ、
その地方の家の近所のドラッグストアや調剤薬局で
パート・アルバイトの薬剤師として働く、という事例ですね。

他の一般的な会社を定年退職した人だとこうはうまくいかず、
なかなか求人案件も見つからないのが実情です。

そういう意味では、定年後の薬剤師は非常に求人には恵まれていると言ってよいと思います。
まさに、知的専門職&資格職の強み、と言うほかないでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ