薬剤師の就職に際する色々な専門試験について

ノートとペン
『薬剤師が就職する時の専門試験について教えて!!』

(1)就職(転職)に際しての採用試験の考え方

大学の薬学部で6年間所定の卒業要件単位を履修して、薬剤師国家試験に合格すれば晴れて薬剤師として働くことができるわけですが、その進路は様々です。

あるものは、調剤薬局やドラッグストアの店舗で、販売や調剤業務を行う薬剤師になったり、あるものは、病院で医師や看護師と共に医療チームの中で働いたりします。
また、あるものは、製薬会社で新薬開発に携わる研究員となったり、あるものは、公務員として公的機関の職員として就職したりします。

このように、一口に薬剤師と言っても、その働くフィールドは多様であり、形態も様々です。

そして、これらの職場によって、採用方法も違っていて、入社(採用)試験の在り方もそれぞれの分野で違います。

一般的に、調剤薬局(チェーン)やドラッグストアなどに就職(転職)する場合には、採用方法は、書類選考と面接やグループミーティングを主とする選考方式を採っているところがほとんどであり、専門的な採用試験を課すところは少ないようです。

以下では、面接の他に、採用試験として専門試験を課す職場を紹介していきます。

(2)大学病院・(大)総合病院の薬剤師の採用試験

一般に、個人病院や小規模なクリニック等では、専門の採用試験は行われず、書類選考と面接で合否が決められる場合が多いのですが、大学病院や大きな総合病院の場合には、採用に当たっては、専門の採用試験が設けられています。

その内容を以下にさっくりと紹介していきます。

1.適性検査→いわゆるSPIと呼ばれる適正検査です。このSPIに関しては、最近では小規模の病院でも行うところが増加傾向です。

2.専門筆記試験→これは大学病院とほとんどの総合病院で課されている試験です。
内容は、病院ごとに違うので、過去問などを調べて受験対策をキチンと立てる必要があります。日本医療薬学会の「専門薬剤師試験」基準なので、こちらの対策本などを解いておくとよいでしょう。
大学病院によっては、英語で出題されるところもあるので、そういった過去問の傾向はしっかり調べておくことが大前提です。

3.作文→病院によって多少違いますが、「○○病院で病院薬剤師になったら」という主旨のテーマの作文です。自分なりの、将来の展望や夢、熱意などを余すところなく表現してください。自分が、この病院で薬剤師として働けばこのようなことができる、とアピールする点も重要です。

4.面接→これは、他の薬局やドラッグストアも同様で、しっかりと志望動機や、アピールポイントなどが述べられることが最低条件です。

(3)公務員の薬剤師の採用試験

公的な機関で働く薬剤師は公務員となります。一般的に、公務員としての薬剤師になるためには、公務員試験を受験して合格しなければなりません。

その試験とは、

1.1次試験(教養試験・専門試験)→いわゆる簡単な一般教養試験および薬剤師としての専門知識を問う専門試験を行い、都道府県によって差異はありますが、概ねそれぞれ40~50問といったところのようです。
但し、問題の形式や傾向は都道府県によりかなり違いますので、過去問研究は必須になります。

2.2次試験(論文試験・人物試験)→1次試験合格者のみ課せられます。論文試験はかなりの文章力を要求されます。人物試験は、集団討論と個別面接に分かれています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ