病院薬剤師として就職を考えるなら病院見学は必須

09947ea388606d6dc89e9596500157f3_m

病院への就職を希望する薬学生の多くは、
診療科目の多い総合病院や大学病院を希望することが多いです。
その理由のほとんどが

  • 薬剤師として経験・知識が豊富に得られキャリアアップにもなる
  • 自分のやりたいことができると

いうところのようです。

ですが、薬剤師が多い病院で本当に自分のやりたいことや
知識が十分に得られるかというと、そうでないケースも多いようです。

個人病院に小規模病院に比べると、薬剤師が多い分仕事の分担が決められていることもありますし、必ずしも自分がやりたい科目での仕事を任されるとも限りません。

また、患者様と向き合いながら薬剤師を行いたいと思っても
服薬指導はある程度調剤業務を経てからというように
自分の思っていた病院薬剤師のイメージとは違っていたなんてこともあるかもしれません。

もちろん診療科目の多い病院であれば
薬剤師として多くの知識や経験が得られるのは確かだと思いますが、
大きな病院だからこそ、仕事が分担されていることも考えられるわけです。

求人の概要や仕事内容だけでは、実際のことは見えてきませんし、
実習先の病院や前職の病院と同じような仕事内容であっても
必ずしもやり方や形態が一緒とは限らないので、
しっかりと情報を収集して気になった病院には見学に行くようにすると良いかと思います。

特に今後高齢化が進むにつれて、
地域連携のチーム医療や在宅医療などの知識や経験が将来的にも強みになってくるので、
在宅医療に積極的に取り組んでいる病院に見学に行ってみると希望していたものとはまた違ったものが見えてくるかもしれません。

他にも病院によっては研修制度や勉強会などを定期的に行う病院、
服薬指導を積極的に行う病院、漢方やジェネリック薬品など、
扱う薬品や種類も病院によって違いがあります。

病棟業務があるか無いかでも業務内容は全く異なってくるので、
1つの病院だけではなく、いくつかの病院を見学することも必要と思います。

近年病院の薬剤師募集は定期的な人員募集というよりは、
欠員が出た時や事業拡大の際に募集を行うことが多くなってきているので、
どのような事業を展開していくのかなども
興味があれば積極敵に見学に行かれるのも良いと思います。

地方に見学には行きたいけれど、見学のための予算がないという方もいると思います。
地方によっては病院や薬局のバス見学ツアーなども無料で行っているところがあるので、
地方求人やサイトなども調べておくと良いかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ