山形県での薬剤師の転職事情

yamagata
『山形県での薬剤師の転職事情ってどんな感じ??』

山形県というところ

山形県は、東北地方の日本海側に位置する県で、北を秋田県、南を新潟県に挟まれ、東には宮城県が隣接しています。
宮城との県境に、奥羽山脈の名峰群、西部地域には、朝日連峰の山々がそびえ立ち、県域の実に85%は山地面積が占めています。

また、県の中央部には芭蕉の句で有名な最上川が流れています。
山形県では、インド人がガンジス川をそう呼ぶように、最上川のことを「母なる川」と呼んでいます。

気候は、日本海式気候で、隣接する新潟や秋田と同様に冬場は、大変雪の降る地域で、
県域の実に90%が「特別豪雪地帯」となっています。
その一方で、夏場はフェーン現象の発生しやすい地域でもあり、
40度近い猛暑を記録することもたびたびあります。

山形県は、経済圏、文化圏で、県庁所在地の山形市などを中心とする村上地方
新庄市を中心とする最上地方、米沢市を中心とする置賜地方
酒田市や鶴岡市を中心とする庄内地方の4つのブロックにざっくり分けられます。

山形県の医療に関しては、山形県は全国第四位の「高齢化県」でありながら、老人医療費の総額は全国でもトップレベルの低い額であり、このことから、
長寿だが健康な人の多い健康優良県だという事実がわかります。

山形県の薬剤師の転職(求人)の実体

山形県の薬剤師業界の特徴は、他の都道府県と比較して、薬剤師の数が不足しているという特徴が挙げられます。
人口10万人に対する薬剤師数は、全国で43番目でワースト5に入っています。

ですから、山形県は慢性的に薬剤師の不足しているエリアということが言え、これは逆に考えれば、常に人材が求められる地域ということになり、他地域から山形県への移住、山形県での薬剤師の転職を考えている人にとっては売り手市場でとても歓迎すべきことではないでしょうか?

給与面では、山形県で働く薬剤師の平均年収は420万円程度で決して高いとは言えないのが実情です。

ですが、山形県は家賃や物価が安いため少ない支出で生活していけるメリットがあり、そう問題にはならないでしょう。

ただし、いくら慢性的な薬剤師不足で売り手市場と言っても、山形県は薬剤師の職場となる大きな病院や、調剤薬局、ドラッグストア自体が、他の都道府県と比べると非常に少ない県なので、条件のよさそうな求人案件は、早めに決まってしまう傾向が強く、転職希望者は、鋭敏に情報のアンテナを張り巡らしておく必要があります。

山形県の薬剤師に転職するなら『リクナビ薬剤師』

そういう売り手市場ではありながら、職場の数が少なめの山形県で薬剤師として良い転職をしたいのなら『リクナビ薬剤師』などの薬剤師専門の求人サイトに登録することをオススメします。

まずは、ここに登録しておいて、できるだけ詳細な希望条件などを申請しておきます。
そうすると、山形県で希望条件に近い求人案件がサイトに依頼があった場合に、いち早く教えてもらえて有利です。

また、リクナビ薬剤師なら薬剤師専任のキャリアアドバイザーが付いて、個別の相談や対応をしてくれるので
転職活動において非常に心強いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ