薬剤師の就職・転職で考える一番の条件はやはり年収?

shuunyuu

「薬剤師の就職・転職で考える一番の条件はやはり年収?」

薬剤師全てが高収入というわけではない

薬剤師というと、派遣やパート・アルバイトの給与を見てもわかるように
一般に比べると高給で安定したイメージがありますが、病院や企業によって
年収は大きく異なります。

そのため、なるべく年収の高い企業や病院を探される方も多いのですが、給与が良い分
昇給が少なく、思っていたよりも少ない年収で頭打ちとなることも多いです。

即戦力を求める傾向が強まっている

また、近年薬剤師不足によって、各企業が好条件を出していましたが、
その傾向も年々変化し、就職と転職においても異なってきているようです。

というのも、企業や病院では即戦力のある経験者を求める傾向があり、
求人においても、400万~600万と提示されているものなど、年収にも
大幅な差があるように能力や経験によって年収を決める企業が多いです。

年収だけで就業先を決めるのは危険

確かに年収が良いというのは好条件の1つでありますが、それだけで就業先を選んでしまうと
自分が思い描いていた薬剤師の現場とは全く違っていたなんてこともあるわけです。

例えば、都市部や地方では年収や待遇に結構な差があることがありますが、
一般の職種の場合、都心部に行くほど給与が高くなりますが、薬剤師においては、
都心部の平均年収は地方によっては低くなることもあります。

というのも、地方によっては交通の便が悪かったり、人手が足りないことで
全てを一人でこなさなくてはならず、思うように休みがとれなかったり、
研修や勉強会があまり行われないために、都心部とでは能力に差が出てしまうなど
スキルアップが望めないといった状況もあるため、高収入など待遇を良くすることで
対策をとっているところもあるのです。

もちろん地方には、デメリットだけではなく、地域医療で近隣の医療機関と連携し、
在宅医療で患者さん1人1人に関わるなど、今後薬剤師に求められる経験を積むことも
できますし、人口が少ない場所では、自分のライフスタイルに合わせてのんびりと
仕事やスキルアップを目指すこともできます。

収入以外で優先すべきことを決めよう

職場環境や仕事内容、研修制度の充実など、要は何を優先するかは、自分が将来的に
どのような薬剤師を目指すかによりますので、条件において年収が1番とは一概には言えません。

いくら高収入であっても、人の出入りが激しいところでは、仕事もハードでノルマもあり、
サービス残業や有休が消化できないといった現状では、精神的にも体力的にもきついものです。

新卒の就職の場合、高収入やスキルアップを考え研修の充実性などを条件にする方は多いですが、
これが転職の場合だと、人間関係や処方箋枚数に対し配置人数が適当であるか、ノルマがなく
休憩や休みがきちんととれるのかといった職場環境を第一の条件とされる方も少なくはありません。

とはいえ、就職のうちからいろいろと気にかけていては、決まるものも決まらないものです。

ですが、何も知らずに就職するよりは、ある程度就業先の情報を知っておくことも
大切かと思います。

転職サイトを利用しよう

就職で転職サイトを利用するのは、あまりイメージがわかないかと思いますが、
転職サイトにある様々な求人情報や実際に働いている先輩の生の声も閲覧でき、
求人にあるようなメリットだけではなくデメリットも知ることができるので、
優先する条件もこれまでとは異なり、選択の幅も広がるかと思います。

気になる求人や知りたい情報がある場合にも、転職サイトの利用はおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ