薬剤師の転職に必要なことと心構え

6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_m

病院などの医療系の求人は、人手不足もあり求人数も多いので
勤務先などの条件がなければ転職は難しくはありません。
とはいえ、転職を考えるということは収入や人間関係、スキルアップなど
人によって様々ではありますが理由があるのが実情かと思います。

その理由となるものが転職によって良い方向へ行くかは個人の判断となるものではありますが、
病院、薬局、ドラックストア、製薬会社など、働く場に違いはあっても、
薬剤師として求められることや必要なことというのはそれほど変わらないかもしれません。

医療業界においては、薬剤師であることには変わりはないので、スキルや経験があれば希望する条件に合ったところに転職ができるかと思いますが、実際には今以上に状況がハードになることもあれば、スキルアップとなれば今以上の努力も必要となるわけです。

求人が多く条件にあった企業が見つかれば転職も簡単なことなのかもしれませんが、
今の求人が多い状況に流されているだけでは、転職しても失敗に繋がってしまうこともあるかと思います。

というのも、人手不足の中、企業側も人を集めるために給与をあげたり、福利厚生を充実させるなど様々な工夫をしています。

収入面にあくまで固執するのであれば、転職は良い転機になるかと思いますが、
実際にスキルアップや将来性を考えての転職であれば、
目先の条件に惑わされてしまい、転職後思っていたものとは違うといった状況になり、
その結果また転職を考えるといったことにもなりかねないのです。

そうならないためにも、
転職するにあたり自分自身が目指そうとする薬剤師というのをはっきりと明確化しておくことが大切ですし、自分の条件にあった職場を見極めるためにも、しっかりと情報収集をすることが必要となります。

細かな情報というのは、なかなか一般の求人情報では公開されていないので、
薬剤師専用の求人サイトを利用するなどして、
いろいろな情報や求人を紹介してもらうようにすると良いかと思います。

最後に正直自分に合った転職先を見つけるというのは、
実際に条件や希望を提示すれば見つけることができます。
ただ、当然のことですが必ずしも自分の希望する場に採用されるとは限りません。

転職においては面接で必ず退職理由を聞かれるかと思います。
もちろん正直に応えることも必要な場合もあり、条件や希望を伝えることも大切なのですが、
雇う側が一番に聞きたいのは最終的には、
薬剤師としてどのように仕事をしていきたいか
というところにあるかと思います。

冒頭で求められることが一緒といいましたが、どの仕事にも言えることですが
職種は違えど職場で起こりうる問題というのは
どの場所でも十分に起こりえる可能性があるわけです。

それをどのように対処していくかという点で、
ただ転職という解決をしたということになると、企業としては、採用とは言えないものす。
厳しいことを言えば、転職理由に明確なものが見えなければ、
雇う側の立場から見ても求める人材ではないと判断してしまうのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ