地元で転職!薬剤師になろう東海版

6b793a8583f00e4d0d4ca1abf17eefd0_m_

地元で働きたい!でも・・・と足踏みしている人いませんか?
そんな方々のために、薬剤師の地元転職の成功の秘訣をさぐっていきましょう!

愛知県豊田市出身のHさん

「東京の大学を卒業してそのまま東京で就職したのはいいけれど、
 やっぱり生まれ育った地元に戻って就職がしたい・・・。
 でも、今の東京での生活レベルを落としたくないんです。」

首都圏での薬剤師の平均年収は450万円
一方、地方都市(山間部になればなるほど◎)は、平均年収680万円
こんなに差があるんです。

実は、地方都市は高齢化が進んでるため、医療機関への需要は非常に高いのですが、
医療機関は非常に少ないため、一般の人は地元の薬局をたよりがちになります。
そのため、薬局の薬剤師は一番身近な医療従事者として需要が高く、年収も高めに求人が出るんですね。
地方で転職した方が年収アップの機会は多いわけです。

愛知県名古屋市出身のTさん

「結婚を機に、主人と地元に帰ってくることになりました。
 妊娠中なので、しばらくは仕事をお休みしたいのですが、
 出産してしばらくしたらパートタイムで働きたいと思っています。
 そういう働き方もできるのでしょうか?」

今、パート薬剤師や非常に注目されています。
ライフバランスに合わせて仕事ができるので主婦の方でも安心して仕事ができます。
パート薬剤師の求人は店頭チラシだけでなく、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの転職サイトにも掲載されているので、東京にいながらでも転職先を探すことができます。

愛知県岡崎市出身のTさん

「転職活動をしたことがなく、地元の採用情報や採用状況など一切わからないんですが・・・」

心配ございません。
大手の転職サイトであれば全国の求人を取り扱っているので、自分の就職したい地域の就職情報をすぐにチェックすることができます。
また、リクナビ薬剤師薬キャリなどのサイトでは専属のコーディネーターがつくので、地域の特色や対策など、あなたに合わせてサポートしてくれるので安心です。

これであなたも、今年は地元転職を成功させよう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ