新卒の薬剤師募集求人について

ac0a88b7d9c3231360ccc34c80bc64d7_m_

病院、調剤薬局のメリット・デメリット

新卒の就業先として圧倒的に多いのは病院や調剤薬局でありますが、その理由としては、
やはり
「薬剤師としての知識や経験を身に付けられる」という点や、
「就業先によっては調剤、医薬品管理、服薬指導だけではなく、
 在宅医療やチーム医療など多岐にわたって様々な業務を行なえるので、やりがいがある」
という点があります。

また、仕事内容や研修内容、就業先の取り組みなどによっては今後のキャリアップにもつながりますし、薬剤師の育成に力を入れている所であれば、各種の専門薬剤師を取得することもできます。

ただ、こうしたメリットがある中でも
残業や給与・年収などの面ではデメリットがある場合もあります。

特に大規模な病院での勤務だと、残業や休みが思うように取れないといったこともあるかと思います。
例えば、

  • 業務が分担されていて、自分の希望する業務がいつまでたってもできい
  • 研修などが義務化されている所であれば、課題やレポートなどを仕事以外にもこなさなければならい

…なんていうこともよく聞きます。

募集求人外の情報を得よう

募集求人というのはある意味広告のようなものなので、
実際の状況とは別に良い条件だけを掲示している場合もあります。

自分の希望にあった就業場を見つけるためには様々な情報を得ることが必要であります。
就職活動としては、一般の募集求人や説明会、見学会の他にも薬剤師専門の転職サイトを利用するといった方法もあります。

転職サイトでは、専門のコンサルタントが希望に沿った求人を紹介してくれますし、
仕事内容や条件だけではなく実際の職場環境や気になる点や疑問点などの
情報提供や相談にものってくれます。

現在は薬剤師不足により好待遇の求人や薬剤師の資格があれば
未経験でも大丈夫というものも多いですが、
将来的に薬剤師の数が増え飽和状態になった時には、条件にあったものを見つけるとなると、
経験やスキルを求められてくるかと思うので、調剤薬局や病院での経験は必要となってくるかと思います。

ただ、病院求人は新卒採用のところが多いのですが、
求人はそれほど多くなく医薬分業や経営困難によって病院での採用も減ってきている状況もあります。

また、医薬分業によって調剤薬局が増えてきているとはいえ、
新しい薬局だと指導する人もいないので、未経験ではなく経験者を採用するところが多く、
新卒ではなかなか採用してもらえないケースもあるようです。

あと、現在ドラッグストアなどの求人が多いのですが、
医薬分業によって処方箋を受けるところもありますので調剤経験も積めますし、
OTC医薬品を扱う現場としては、相互作用や相談など、お客様とのかかわり合いの中でコミュニケーション能力や問題解決、判断能力などのスキルUPにもつながるので、将来的なところでは選択肢の1つとして考えても良いと思います。

イメージや好待遇だけで募集求人を見てしまうと、良いものよく見えますし、
イメージで考えるとどんなに条件がよくても選択肢から外してしまうこともあるかと思います。

まずは、将来的にも薬剤師としてどうしていきたいかなど、
コンサルタントに細かく伝えることで、非公開求人やキャリアプランとして知識や経験を積める職種など、自分にあった求人を紹介してもらえますので、薬剤師転職サイトをうまく活用してみると良いかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ