日本赤十字病院の薬剤師募集について

kushuri157

日本赤十字社は全国に92の病院を公的医療機関として設置しています。
原則として病院が所在する都道府県の支部が運営を行っており、事業については
日本赤十字社が管理をしているため、各病院で作成される募集要項は、
それぞれの病院サイトで確認できます。

赤十字病院の求人募集時期

給与においては日本赤十字社職員要綱によるものとされていますが、
地域によって手当の内容や福利厚生が異なる部分もあるので、
自分の就業する都道府県の病院サイトを確認するようにしましょう。

赤十字病院の職員募集については、毎年定期採用が行なわれていますが、
病院によっては応募対象が新卒者のみとされているところや
募集時期、人数が異りますので確認することが大切です。

その他の募集においては中途採用がありますが、これは欠員が出た場合に募集されるので、
常に病院の求人情報をチェックしておくことが大切です。

また、病院によっては国が推奨する医薬分業に協力し、院外処方箋の発行を推進している所や
院外処方を採用している病院もあります。
そのため、薬剤師の新規採用は定期的に行われても、中途採用や募集人数が減少傾向になっています。

スペシャリストとなるべく整えられている支援体制

とはいえ薬剤師が不要ということではなく、
調剤業務のほか病棟業務も行うなど院内において様々な場で需要が求められているので、
チーム医療にも積極的に参加し、患者さんに効果的な薬物療法を提供できるよう、
薬剤師一人一人がスペシャリストとなるべく支援体制が整えられています。

専門薬剤師の資格を取得するためには、研修や学会発表を行っている場を見つけることが
重要なポイントとなりますが、そういった条件のある求人はとても人気が高く、
赤十字病院の中途採用も今後はさらに狭き門となっていくことが考えられます。

最新情報は転職サイトで

ですので、最新の情報や細かな情報を常に得られるようにすることが大切であり、
そのためには、転職サイトに登録することをおすすめします。

赤十字病院の求人は病院のサイトをチェックすることで情報が得られますが、
一般向けに出さない非公開求人として出すこともあるので、
気になる職場や人気の高い求人がある場合には利用してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ