薬剤師の求人面接での服装について

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_m

「薬剤師の求人面接での適切な服装について教えて!!」

ここでは、そんな求人に応募した面接の際の服装について考察していきたいと思います。

(1) 面接に適切な服装:男性の場合

貴方が男性の場合。
面接に適した服装は、先方が会社であっても、
薬局であっても病院であっても、基本はスーツです。
スーツの色はリクルートカラーの紺色か黒っぽいグレーが良いでしょう。
シャツの色は白に限ります。色物はいけません。
ネクタイも柄物なら地味目なものを選んでください。

あと、足元ですが、靴(革靴)は黒か茶色の単一色で、汚れた靴は厳禁です。
ピカピカに磨いておいてください。
単純なことなのですが、足元が綺麗かどうかをチェックする面接官はとても多いようです。

人は見た目ではないのですが、やはり第一印象は見た目なのです(笑)
清潔に、控えめだけど小奇麗で嫌みのない正装がベストです。

(2) 面接に適切な服装:女性の場合

実は男性より重要なのが女性の面接での服装。
男性よりバリエーションが多いのが女性のファッションだけに、
これだけでも「チェック項目」として採点されている場合があるのです。
注意が必要です。

女性も男性同様に、
もしスーツを持っていればスーツ着用がベストです。
色は華美でなければ大丈夫です。
下はスカートであってもパンツであっても上と合っていれば構いません。

スーツを持っていない場合には、
できる限り正装に近いフォーマルなファッションが無難でしょう。
色遣いは、地味であれば構いません。

気を付けなくてはいけないのが、
カジュアルすぎる服装や、個性を主張しすぎる独特の自己完結スタイル。
あと、アクセサリーや装飾品つけすぎもNGです。

たかが、服装ですが、そんなもので減点されていたらバカらしいですよね。
無難にこなしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ