東京におけるパートの薬剤師の求人について

f3d513a66a57385dbff239598b9d31cc_m_

「東京でのパートの薬剤師の求人ってどうなの??」

(1) 経済・文化の中心・東京だからこその多彩さ

東京は日本の首都であり、政治・経済・文化の中心であり、人口も日本で一番多い街です。
医療に関しても、大学病院はもとより、医療機関や民間の病院も実に多く、
日本では最先端の知識やスキルの集まる場所です。
ですから、必然的に薬剤師の求人数も多く、また実に幅広い分野に跨った求人があります。

ざっと、挙げても東京の場合には、
通常の調剤薬局、ドラッグストアをはじめ、大学や研究機関、製薬メーカーの研究員や営業、治験会社、そして、食品会社や化学企業まで幅広く薬剤師が求められています。

この多彩さは、さすがにメトロポリス東京ならではのものです。

(2) 一般的なパートタイマーより遥かに好条件の薬剤師のパート

さて、東京における、「パートの薬剤師」の求人状況を調べてみると、
やはり、一般的なパート労働者に比べてずっと好条件だということがわかります。

一般的に、正社員ではなくパートの時間給で働く薬剤師の方は、
結婚や出産等で一時、職を離れていた方が多いのが特徴ですね。
まだ小さいお子さんがいて、育児しながらできるパートを選ぶという方が多いのが特徴です。

しかし、パートとはいえ、薬剤師というのは知的専門職です。
大学薬学部で専門知識を勉強し、その上で国家資格を取得した人でなければ、パートとはいえ薬剤師の仕事はできません。

それ故に、人材が常に求められているわけです。

こういった事情から、
東京でもパート薬剤師は、医療機関や病院でも広く求められています。
その条件も、一般のパート労働者の時給の倍の相場で、だいたい時給2000円前後が普通です。
中には、時給3000~4000円という好待遇のパートも東京の場合だと珍しくありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ