薬剤師求人で高収入の派遣を探すなら東北がおすすめ

cf954db3378bcccd149b4ad1659f2c14_m

○ 求人の多い理由

薬科大の教育課程が6年制になり、新卒の薬剤師が激減したこともあって、
2010年以降全国で薬剤師不足が深刻となっています。
2012年に新卒採用ができるようになった今でも薬剤師は今なお不足しており、
薬剤師求人は他の職種に比べても多い状況が続いています。

求人が多いのには他にも様々な理由があります。
1つは高齢化社会が進んでいくことで、在宅医療や地域医療など
様々な場で薬剤師の需要が増えてきたことや、医薬分業化によって調剤薬局の数が増えてきたことも1つであります。

あとはやはり、求人の少ない企業や診療科目の多い病院などは
都心部に集中しているため人気も高く、
都心部には募集求人よりも薬剤師の方が多い状況であるのも1つの理由かと思います。

これは地域による格差なのですが、
地方では、薬学部や薬科大の数が少ないため必然的に薬剤師が不足しており、
求人も調剤薬局やドラッグストアが多く職種が限定されてしまいます。
それ故、どうしても都心に求人が集まってしまうようです。

○ 地方のメリット

とはいえ、地方には全くメリットがないわけではありません。
企業によっては、人を集めるために給与を上げたり
福利厚生や待遇を充実させるなどの工夫をされているところもあるります。
特に、都心部に比べて給与が高くなっている点はメリットとして大きいですね。

アクセスも良く、多くの方が行き来する為に
都心部にはなにかと人が集まりやすいのですが、
その分収入は低下傾向になりやすいともいえるのです。

最近では地方の薬剤師不足の背景もあってか、
薬剤師の働き方にも変化がでてきており、
正規雇用以外に短期間や期間限定の派遣や契約社員としての募集求人も多くなっています。

特に東北地方では医療分業化が進んでいるのに対し、薬剤師の数が少ないのですが、
その分給与も高く好待遇な求人が多くあります。

スキルアップの点でいえば、
都心のように大規模な病院や大学病院は少ないのですが、
地方の高齢化が進み利用される方が多いので処方箋枚数も都心と比べるとそれほど変わらないともいえます。

もちろん需要の面もあると思いますが、
給与を高く提示できるのにはそれだけの理由もあります。

条件に合わせて規模や職場・近隣環境など様々な情報を集めてみると良いかと思います。

また、派遣や契約社員は正規雇用に比べると軽視されがちではありますが、
都心では募集のなかった求人もあるかもしれません。

薬剤師の場合は、派遣でも一般の派遣に比べると平均以上の年収をもらえるので、派遣給与の高い傾向にある地方の求人であればそれ相応の年収が得られるかと思います。

また、最近では派遣であっても、
一定期間働くことで正社員として雇用される紹介派遣などもありますので、
自分の条件と照らし合わせて選択してみるのも1つかと思います。

ただ、転職サイトによっては、派遣事業求人を行なっていないところもありますので、
薬剤師派遣を探して登録される場合はきちんと派遣事業を扱っているところに登録するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ