民医連の病院の薬剤師の給料について

a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_m

「民医連加盟の病院で働く薬剤師って給料とかどうなの??」

ここでは、民医連に加盟する病院で働く
薬剤師の状況や給料などについて考察していきたいと思います。

(1) 民医連って何?

民医連というのは、全日本民主医療機関連合会の略称で、
加盟している病院は地域医療に力を入れている病院が多いです。

というのも、民医連に加盟している病院の多くは、
その地域の個人や団体に資金を出してもらって設立された経緯のある病院ばかりだからです。
ですから、医療格差を無くそう、というポリシーの病院が多く、
差額ベッドを作らない方針の病院や、
地域の住民の健康診断を率先して行う病院が多いのです。

民医連自体、共産党が支持母体ということもあり、
他の一般的な医療法人のように
行政の方針によってブレたり、病院財政に振り回される
病院経営主体の病院から脱却する医療の在り方をめざしています。

(2) しっかりした給与体系とサポート体制

民医連に加盟している病院の薬剤師の給料についてですが、
年収で見れば、平均的と言いますか、他の病院の薬剤師と遜色がないです。

ですが、大きな特徴は、
「給与体系が明確でしっかりしていて、
 休暇制度も多めで明確に定められており、
 その他福利厚生もしっかりしている」

ということが挙げられると思います。

育児休業制度や介護休業制度なども充実した病院がほとんどであり、
家庭生活と仕事を両立させたい薬剤師の転職(就職)先としては非常に魅力的な職場ですね。

この他、諸手当も一般的な病院に比べてもしっかりしていて充実しているところが多く、
時間外手当休日出勤手当なども高めに設定されている病院が多いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ