そうだ転職しよう!薬剤師業界の転職事情の現状

7f2e8556d67e9d9cd5b24842044ed176_s
専門性の高い仕事である、薬剤師。
少し前までは薬剤師不足もあり、薬剤師の転職業界も売り手市場だなんて言われていました。
さて、今はどうでしょうか?
転職によるスキルアップ、ステータスアップが当たり前となっている昨今。
一般企業でも、お世辞にも売り手市場であるとはいえないのが現状です。
業界の動向をうまく分析して、あなたの転職活動を成功に導きましょう!

■薬剤師業界の特徴

薬剤師業界は、女性の多い割と特殊な業界です。
女性が多いということは、ライフステージごとの就業環境に変化があるということです。

大学を卒業し、新卒で入社する20代では、
製薬会社のMRなど一般企業で働く人と、調剤薬局などで薬剤師として働く人に分かれます。

30代では出産・結婚を機に退職者が増える傾向にあるので、
売り手市場とまでは言わずとも、求人自体は多くあります。

40代になると、子育ても一段落つく方が多いので、復職を目指す方が増えますが、
パートやアルバイトなど時間や勤務体系に融通のきく勤務形態が好まれるようです。

このような再就職の際は、調剤薬局や病院問わず、
長期間働いてくれる人材のニーズと雇用のニーズの一致がより強く望まれています。

■転職活動を成功させるコツ

先程も言いましたように、
薬剤師業界は、結婚・出産を機に辞め、
落ち着いてから復職するケースが非常に多いです。

もちろん、中には資格を持っているけれど、
一般企業に就職し薬剤師経験のない人が転職を目指すケースも多いでしょう。

再就職には自分の持っている資格が武器になると考える人が多いのと、
調剤薬局は街のいたるところにあり、自宅から通いやすい場所に求人が出やすいからです。

有資格者の転職活動には、職種専門の転職サイトを活用することをお勧めします。
リクナビ薬剤師などの、コーディネーターサービスがついているサイトであればなおいいでしょう。
このような転職サイトは、未経験者でも登録が可能ですので、まずは相談してみるといいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ