薬剤師の求人の方法について

212883effe623477dfab35a0622db720_m

「薬剤師ってどんな求人の方法があるの??」

ここでは、代表的な求人の方法を幾つか紹介していきたいと思います。

(1) ハローワーク

昔からの一般的な求人募集を行っている機関です。
全ての手続きは無料、一般的に中高年を中心とした高年齢層の求人に適しています。
既に退職していたり、現在は失業中の薬剤師の方が対象であり、
まだ離職していない転職希望者の方は募集対象とはしないのがハローワークの特徴です。

(2) 人材派遣会社

その人材派遣会社のデータベースに予め登録しておき、条件面をその際に申告しておきます。
雇う側も同様です。
すると、その事前申告に見合った職場ないし、薬剤師が紹介してもらえます。
採用が決まった時点で派遣会社への手数料がかかります。(採用が決まらなかった場合には無料)

(3) 求人雑誌や新聞の求人広告

十数年前までは最大の求人募集媒体でしたが、
近年はインターネットの求人情報サイトに取って代わられた感があります。
とはいえ、まだまだ一定の需要がありますし、広域の募集に関しては有効です。

(4) 求人情報サイト

現代において最大の求人媒体です。
特に、20代30代の若い層において最もマジョリティーの求人募集の窓口になっています。
非常にたくさんのサイトがありますが、その中でも特に有効なサイトは数個に限られています。

中でもオススメは、リクルートの運営する「リクナビ薬剤師」のサイトです。
ここは、薬剤師専門の求人募集サイトで求人件数、登録薬剤師の数でいずれも圧倒的な数を誇っています。

こちらに登録しておけば、
薬剤師の方は自分の希望の条件に限りなく合致した職場を紹介してもらえますし、
薬局や病院のサイドは、雇用する側の望む人材が紹介してもらえる仕組みになっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ