沖縄における薬剤師の現状について

49dd0e8f1c2af98ea263e3628d42e0e4_m_

「沖縄での薬剤師ってどう??」

ここでは、沖縄における薬剤師の実態と現状について考察していきたいと思います。

(1) 近年、薬剤師の転職希望の多い地・沖縄

沖縄と言えば、言わずと知れた、
日本最南端の南の島、リゾート地というイメージだと思います。
この沖縄、近年、転職を希望する本州の薬剤師の方が増えているそうです。
やはり、ストレスの多い現代において、ゆっくりのんびり都会を離れて
南の島である沖縄に移住したい、と考える人も増えているのでしょう。

そんな沖縄における薬剤師。

どんな感じなのでしょうか?
ざっと探ってみたいと思います。

全般的な傾向としては、沖縄の薬剤師の求人案件は、やはり大都市であり、
大きな病院やそれに伴う門前調剤薬局やドラッグストアの数も集中している那覇市の案件数が圧倒的に多いです。

移住希望者も多いからか、福利厚生面でも、借り上げ社宅制度や年間休日多め、を設定している職場が多く(調剤薬局、ドラッグストア、病院の種別問わず全般的な傾向)、
仕事と沖縄での暮らしを楽しみたい人には最適です。

賃金面でのおおまかな相場は、調剤薬局、ドラッグストア、病院であまり差はありません。
正社員でだいたい年収400~550万円、アルバイト、パートで時給1700~2000円といったところが相場です。

(2) 沖縄での具体的な案件探しは「リクナビ薬剤師」で

沖縄に移住を考えている薬剤師さんの場合、転職条件として、
住環境の問題なども考慮しなければなりません。

そこでオススメなのが「リクナビ薬剤師」などの
薬剤師専門の大手求人サイトに登録しておくことです。

ここに登録しておき、沖縄での具体的な労働条件や賃金・待遇条件、
そして社宅制度有などの細かい住環境の条件なども申請しておくことです。
そうすれば、その条件に見合った、あるいは近い条件の案件の依頼がサイトにあった場合にいち早く情報を知らせてもらうことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ