治験に関わる薬剤師の募集について

実験
『治験に関わる薬剤師の募集状況はどんな感じなの??』

(1)「治験(ちけん)」とは?

一般に、一つの新しい医薬品、新薬を完成させて実用段階まで持っていくためには、
実に長い研究期間と開発期間を要するのが普通です。
初期の段階では、プレパラートの細胞片を対象に実験を行ったり、それが進めば、
実験用の小動物などで薬の有効性の実証と安全性を評価する試験を繰り返し行っていきます。

そして、そこまでの適正な基準値を十分満たしたうえで、最終段階に、今度は人間(患者さん)を対象に
疾病の治療を兼ねた試験を行わなくてはなりません。

この最終段階の人に対する臨床試験のことを「治験(ちけん)」と呼びます。

(2)治験に関わる薬剤師の仕事とは?

では、この治験に関わる薬剤師として働くにはどういう就職(転職)活動をすればよいのでしょうか?
調剤薬局やドラッグストアで働く一般的な薬剤師の業務とはだいぶ違ってきます。

まず、治験に関わる仕事というのは、製薬会社や新薬の研究所が行っています。

そこでこの治験の業務に実際にあたる薬剤師としては、治験コーディネーター(Clinical Research Coordinator:略称CRC)や、臨床開発モニター(Clinical Research Associate:略称CRA)と呼ばれる専門職があります。

治験コーディネーターとは、主に病院サイド(臨床現場)において、その現場の医師や看護師、
薬剤師たちの医療チームと協力し、治験が正しくスムーズに行われるのをサポートしたり、調整したりするのが仕事です。

具体的には、被験者となる患者さんのスケジュールの管理を細かくおこなったり、
諸々の患者さんからの相談に対する窓口となる役目も負っています。

臨床開発モニターとは、主に治験そのものを依頼している製薬会社の側をサポートするのが仕事です。
具体的な業務としては、治験の進行具合に対するモニタリング、治験の確認や検証業務、
そして、有害な事象があった場合の詳細な報告書の作成および治験記録の全保存などです。

一般的に、薬剤師が転職(就職)する場合には、前者の治験コーディネーターとして転職するケースがほとんどですし、実際の募集もCRC募集がほとんだと思われます。

(3)治験に関わる薬剤師として働きたければ『リクナビ薬剤師』を活用しよう

多くの調剤薬局やドラッグストアにおける薬剤師の求人募集案件と違って、治験に関わる仕事であるCRCなどの募集は非公開求人案件なども多いようです。

そこで、治験に関わる薬剤師として転職を考えている薬剤師の方々におすすめなのは、リクナビ薬剤師』などの薬剤師専門の求人サイトに登録しておくやり方です。

リクナビ薬剤師は、転職求人業界の草分けであるリクルートグループの運営する薬剤師専門の求人サイトであり、実績は申し分なく、全国に網羅された案件数も業界屈指の質と量を誇ります。

また、非公開の募集案件も多く、治験コーディネーターなどの職種を探している人にはうってつけのサイトだと思われます。

このリクナビ薬剤師にまず登録して、治験の仕事に携わりたい旨と、できるだけ詳細な希望条件を申請しておくのです。

そうすれば、実際サイトにクライアントの製薬会社等から求人の依頼があった場合には、いち早く紹介してもらえて大変有利に転職活動を進めていくことができます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ