派遣の薬剤師の給与について

window-872172_640

「派遣の薬剤師の給与について教えて!!」

正社員の薬剤師のサポートでもパート・アルバイトとは意味合いの違う派遣の薬剤師

薬剤師はさまざまな勤務形態があります。
正社員はもとより、その補助的なポジションで、多くの調剤薬局やドラッグストアには
パートやアルバイト勤務の薬剤師も多く勤めています。

これに加えて、その職場で直接雇用している薬剤師とは別に、
契約している派遣会社から派遣されて働いている薬剤師も存在します。

派遣の薬剤師もパート・アルバイトと同じく、
正社員では補えないところをカバーするための人材ですが、
パート・アルバイトが純粋に「正社員の補助的立ち位置」であるのに対して、
派遣の薬剤師はかなり意味合いが違った立ち位置です。

派遣の薬剤師は、高い水準での即戦力を求められているのです。そのため、
パートやアルバイトよりは、より高い資質や実力をもった薬剤師が採用されています。

そういった意味でも、派遣の薬剤師の給与は、パートやアルバイト、
ひいては短期間比較であれば、正社員の薬剤師と比較してもかなり高めなのが普通です。

派遣の薬剤師のメリット

上述したようにその要求水準の高さに対する報酬ということもあって、
派遣の薬剤師の給与は一般的にかなり高めに設定されています。

パート・アルバイトと比較した場合、通例、ドラッグストアや調剤薬局における
パート・アルバイトの薬剤師の時給相場は1800円~2000円程度なのに対し、
派遣の薬剤師の時給相場は、3000円以上からというのが平均的です。

職場によっては時給4500円を超えるようなケースも割とあります。

そして契約期間にもよりますが、比較的契約期間が長めであったり、
更新がスムーズに延長された場合には、年収は600万円を超える額になります。

これは、一般的な正社員の薬剤師と比較してもだいぶ高い年収です。

派遣の薬剤師のデメリット

このように、給与面ではかなりメリットの大きい派遣の薬剤師ですが、デメリットもあります。

それは、一般的に契約期間が短めに設定されているのが通例であり、
その期間は3か月契約(更新)が多いということです。

これは、職場のドラッグストアなり調剤薬局なりが派遣会社と契約しているため、
どんな人材が送り込まれてくるか不明なので短めに設定してあるようです。

思ったような人材でなかった場合、3ヶ月の短い間我慢して
次の人材に期待するということのようです。
しかし、これは、メリットにもなりえます

もし派遣された職場が合わないなと薬剤師の方で感じても、最低3か月我慢すれば、
他の職場に移れるからです。

この他、デメリットとしては、職場の会社の経営方針で
リストラなどの策が取られた場合には、
真っ先に切られる
ことになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ