派遣薬剤師の社会保険について

yakuzai06

登録する派遣会社によって社会保険の内容は異なりますが、一定の条件を満たしていれば派遣でも社会保険に加入できます

主な保険としては、年金や健康保険、雇用保険、労災保険となりますが、基本的な条件としては、契約期間が2ヶ月以上の長期雇用の方や労働時間、日数が正規雇用の3/4以上であれば加入できます。

現在は2012年の派遣法の改正により、週2日や1ヶ月に満たない短期の仕事は条件に制約ができたこともあり、単発で仕事をされるよりも長期で働かれる方や紹介予定派遣など計画的に仕事をされる方が増えてきているので、加入条件を満たしている方がほとんどです。

ですが、主婦や子育て中の方など、短期で派遣の仕事を探されている方もいますので、各種保険については、

登録の際に条件や制約などを確認しておく

ことが大切です。

労災保険の場合は条件がないので、短期の派遣であっても加入できます。

義務なので、条件を満たしているにも関わらず社会保険が完備されていない派遣会社は無いと思いますが、登録する際には、各種保険制度の条件や制度は必ず確認しましょう。

長期派遣においては有給休暇や健康診断など福利厚生が充実している派遣会社もあるので、いくつか派遣会社の福利厚生を確認しておくと良いです。

また、派遣だからこそ

万一に備えて薬剤師賠償責任保険に加入することも大切

であり、大手の派遣会社であれば、会社負担で加入できるところがほとんどです。

ただ、勤務条件によっては個人負担としている派遣会社もあるので、気になる方は、登録の際に確認することをおすすめします。

社会保険の情報は求人のほか、派遣会社のサイトでも確認することができますが、社会保険完備とだけ記載されて、加入条件や詳しい詳細がない場合もありますので、専門の転職サイトを利用し、派遣会社の情報を取集することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ