漢方薬局に就職するために薬剤師に必要なこと

9696062f92b9d4ebde4845bd3bb43fa2_m

漢方薬局で働くには、薬剤師の資格があったとしても、
何も知識がない状態では就職は難しいかと思います。

というのは、漢方薬局は調剤薬局とは違い
医師からの診察や診断によって出される処方箋で調剤をするのではなく、
薬の専門家として薬剤師が患者様の相談を受け診断し調剤を行います。

また、患者様に自信をもって情報を提供できるように
薬剤師とは別に漢方薬・生薬認定薬剤師をとならなくてはいけません。
漢方薬・生薬認定薬剤師となるには、研修を受け諮問に合格することが必要です。

大学の授業では生薬について学ぶことはあるものの
漢方についてはあまり学ぶことがなかったかと思いますが、
患者様の相談にのって漢方を販売するためには上記のような認定資格が必要となるわけです。
(※漢方薬・生薬認定薬剤師は永久資格ではないので、
 3年に1度研修に参加し単位を取得しなくてはいけません。)

ただ、漢方薬局であっても知識や経験を経て、
勉強しながら働きよくよくは漢方薬・生薬認定薬剤師を取るという場合、
相談販売はできませんが、薬剤師として働くことは可能であります。

漢方薬剤師として将来的に仕事をするのであれば、
漢方薬局でいろいろと学びながら資格取得の勉強をするのも1つかと思います。

とはいえ、現在の医療は薬や治療においても
西洋医学が一般的に主流となっているので、調剤薬局での知識や経験も必要であります。
中には病院で薬を処方されて飲んでいながらも、漢方を試したいという方もいるので、
漢方だけではなく西洋の薬学もきちんと理解していなければいけません。

特に漢方薬局を訪れる患者さんは、
病院の治療では症状になかなか改善が見られないと相談に来る方もいますし、
診療科目や提携する病院によっては、医師が漢方を勧めることもありますので、
薬剤師の知識も常に学ばなくてはいけません。

そのため、新卒では調剤薬局に就職し、
資格取得後に漢方薬局に転職される方もいるようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ