薬剤師と登録販売者

薬局の店頭
『薬剤師と登録販売者ってどう違うの??』

(1)薬事法の改正により生まれた「新資格」

2009年の6月に薬事法が改正されました。
それに伴い、これまで薬剤師資格を持つ者しか販売できなかった医薬品のうち、日常的によく売れる風邪薬や痛み止めなどの一般用医薬品と呼ばれる医薬品の販売業務を認可される資格が誕生しました。

これが、「登録販売者」という新しい資格です。

上で述べた風邪薬や鎮痛剤などの一般医薬品は専門的には「第二類医薬品」及び「第三類医薬品」というカテゴリーに分類され、この第二・第三医薬品の一般医薬品全体に占める割合は、実に90%以上にもなります。

つまり、「第一類医薬品」を除く薬局やドラッグストアで販売されている医薬品のほとんどの製品は、登録販売者が販売できるということになります。

このような新しい資格が誕生した背景には、チェーン展開する調剤薬局や、大型ドラッグストアにおいて、慢性的に薬剤師が不足しているという業界特有の問題がありました。

そこで、薬剤師が不在の場合でも、一般医薬品の販売や取扱いができる販売者が必要というニーズによって、登録販売者は生まれました。

(2)薬剤師と登録販売者との明確な違い

では、この登録販売者、薬剤師とどう違うのでしょうか?

まず、上で述べたように、登録販売者は、一般医薬品の「第二類及び第三類医薬品」の販売のみが許可されていて、「第一類医薬品」の販売は許可されていません。
したがって、「第一類医薬品」に関しては、薬剤師でなければ販売できません

次に、薬剤師との最大の違いは、「登録販売者は調剤業務ができない」という点でしょう。

薬剤師は言わずと知れた、薬剤のスペシャリストであり、大学の薬学部で6年間かけてそのことについて専門的に勉強し、またその専門知識や技能を問う薬剤師国家試験に合格した者が就いていますから、調剤業務は基本的な業務です。

しかし、登録販売者は、資格取得条件に薬学部卒業資格は必要なく、薬剤師国家試験合格条件も要りません。
高卒、大卒者は1年以上、中卒者は4年以上、一般用医薬品を販売する店舗(つまりドラッグストア等の店舗)において販売員として実務経験があれば受験資格が得られます。

よって、薬剤師のように専門的に薬学や調剤を学んだ人ではないので、調剤業務には携わらないのです。

というわけで、店舗で販売している姿は遜色ない両者ですが、その業務内容や、資格には大きな差異があるのが実態です。

(3)登録販売者のメリット

以上見てきたように、薬剤師に勝る者はないのですが、それでも登録販売者が調剤薬局やドラッグストアから重宝
される理由もあるのです。
そのメリットについて列挙していくと、

  • ドラッグストアや大型チェーンの調剤薬局で販売されいる一般医薬品の9割以上は、「第二類・第三類医薬品」なので、 大方の販売業務は、登録販売者がいればこなすことが可能。慢性的に薬剤師不足で困っていた地域の店舗には非常にありがたい存在が、登録販売者です。
  • 薬学部を出ていなくても、医薬品を販売しているドラッグストア等で販売員としての一定年限の実務経験があれば、 誰でも取得可能な資格です。
  • まだまだ慢性的な薬剤師不足が続いている地域が全国的に多いので、転職にも新規の就職にも大変有利な資格です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ