転職の際に祝い金の出る薬剤師の転職サイトについて

shuunyuu
『薬剤師の転職が決まると、祝い金を出す転職サイトがあるってホント??』

「祝い金」とは?

薬剤師が転職や、就職を考え活動する場合、様々な方法があります。
ハローワークにおける紹介や、出身大学経由での紹介など色んな方法はありますが、現代において、最も多く使われている求職方法は?といえば、
やはり、転職サイトを使ったネットでの活動だと思います。

そのため、昨今は、「薬剤師専門の求人サイト」も数多く存在しています。

その中の一部の転職サイトにおいては、そのサイトを利用して、薬剤師としての転職(就職)がめでたく決定した場合
そのサイトが「お祝い金」として現金を支給してくれる特典を設けています。

これが「祝い金」制度です。

「祝い金」のメリット・デメリット

今現在、他の薬局や病院などで働きながら転職活動を進めている人はまだしも、一旦何らかの事情で薬剤師を離職して、ブランクが
あって復帰転職先を探している人や、前の職場を辞めてから少し間が空いている人などは、転職活動中も経済的に苦しいと思います。
転職先が決まって、最初の給料が入ってくるまでに、だいぶ期間がありますから、その間は懐が寂しい状態が続くわけです。

そんなケースの人には、この「祝い金」は大変ありがたく、助かる制度だと思います。

転職を早く決めようとするモチベーションにも成り得て、希望も湧いてきますね。

しかし、デメリットもあります。

それは、「祝い金」に重きを置いて転職サイトを決めてしまうと、本来転職の動機である項目の「職場環境」であるとか
「年収(給与)面」であるとか、「キャリアップできるか?」であるとかいった条件の揃った案件の集まる転職サイトかどうか?
といったサイト選びができなくなる可能性があることです。

案件内容や求人案件数の豊富さといった内容面と、「祝い金制度の有無」というサイトの特典との相関関係はありません。
「祝い金」ばかりに目を向けていると、
本末転倒で内容がイマイチの案件だったということになりかねない傾向が強いということです。

あと、当然ですが、そのような余分な特典である祝い金が成約金に乗っかっている分、クライアントである求人依頼主の企業は
他のサイトより人材紹介料を多めに払っている筈です。

その分、雇用先の人事担当者の見方は最初からかなり厳しめだと心得て入る必要があります。

まあ、何はともあれ、転職の動機と理由が第一義で大事なわけですから、一時的な「祝い金」優先で、その点が疎かにならないかどうかだけは
気を付けたいものです。

転職が決まると、「祝い金」を出してくれる転職サイト

1.ジョブデポ薬剤師→全国対応で、求人案件数も多く、対応もスピーディーなことで定評がある薬剤師の転職サイトです。転職が成約すると、最大で40万円の「お祝い金」がサイトから支給されます。

2.メドフィット薬剤師→こちらも全国対応で、非公開の求人案件が豊富なことが特徴です。
転職が成約すれば、最大10万円の祝い金も出ます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ